焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain サンクフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。4月下旬測定の馬体重は470キロ。

○当地スタッフ 「元々の走りに素質が感じられる点に加え、ハロン13秒ペースを積み重ねて段々とトモがしっかりして来ました。この中間も疲れを覗かせておらず、無難にトレーニングをこなす経緯を評価。厩舎サイドと情報を共有しながら丁寧に作って行きたいです」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアラビアン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。4月下旬測定の馬体重は506キロ。

○当地スタッフ 「ピッチを速めても無難に対応。騎乗担当者の意見や翌日以降の反動を踏まえた上で、この中間はハロン13秒台の稽古も織り交ぜています。ブランクを感じさせないフットワーク。今のリズムを保てるようであれば、千葉の分場への出発を考えましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラプソディ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。4月下旬測定の馬体重は483キロ。

○当地スタッフ 「コンスタントに13-13を繰り返すことで反動が生じた模様。右トモのクタクタ感が強くなった為、ウォーキングマシンに止めて楽をさせています。積極的な姿勢で進めた経緯を踏まえると、小休止を与える丁度良い機会。リフレッシュを図りましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードレアル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク1000m→キャンター2500m。4月下旬測定の馬体重は482キロ。

○当地スタッフ 「キャンターの距離を2500mまで徐々に延ばす格好。負荷を高めても特別な問題は生じていません。ボーンシストの再発を防ぐ為にも細心の注意を払って進めたいところ。このまま計画に沿って運ぶようであれば、今月中に人間を背に迎えるつもりです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サンクフィーユは速いところを課しながら、トモがしっかりしてきたのは好感。血統馬らしいポテンシャルは秘めていると思うので、それを発揮できる下地を今後もコツコツ作り上げていってもらえればと思います。あと、日々の調教では併せ馬や隊列を組んですることで、周囲を気にするような面があるなら、早めに解消しておいて欲しいです。

アラビアンは派手さのないタイプですが、気性面は大人びている感じですし、調教動画の脚取りも余力十分。あとは自分からグイグイ引っ張っていくような前向きさが加わってくれれば楽しみが増してくるでしょう。千葉への移動もそう遠くないかもしれません。

ラプソディはここに来てトモが疲れ気味。現在はウォーキングマシンのみの運動で楽をさせています。状態はそんなに深刻ではないと思いますが、まずは状態の回復を優先してもらえればと思います。また、今後もこのようなケースは出てくると思いますが、それを乗り越えていけばトモの強化へと繋がっていくでしょう。

レアルは脚元の具合を確かめつつ、トレッドミルでの運動を強化中。ここまで慎重を期したことが良い方へ出ているので、焦ることなく着実な歩みを続けていってもらえればと思います。獣医師にも定期的に診てもらい、助言をもらって欲しいです。