焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牝馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「引き続き順調で、この中間は週3回坂路コースを登坂しています。そして、だいぶ体力が付いてきたことから、その内の2回は終いハロン15秒までペースを上げています。ダクの段階では少し捌きに硬さを感じるものの、キャンターにおろせば気になりませんし、良いフットワークで走ることができていますよ。気性面については、少しチャカつくところがあるのは気になりますが、調教中は前向きさがありますし、今のところ問題はありません。ここに来て体つきが変わってきて、成長期に入っているようなので、様子を見ながらじっくりと進めていく方針です。馬体重は454キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、週1回はトレッドミル

担当者「この中間の坂路調教では再びハロン15秒までペースを上げています。まだトモを中心に緩さが残っていますが、走りのフォームはとてもまとまっていて、安定した走りを見せていますよ。もう少し現状の調教メニューを続けていけば、更に筋肉量がアップするとともに、緩さも改善されていくと思います。馬体や脚元には、これまで通り怪我や心配な点はありません。体重は少し戻りましたが、引き続き体重減少には気を付けなければいけませんし、今後もそれを踏まえたメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は450キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回坂路コースでハロン14~15秒のキャンターを1本と放牧、週3回周回コースで軽めのキャンター2400mと放牧、残りの日程は軽めの調整

担当者「この中間も同様の調教を継続しており、コンスタントに速い時計を出した後も飼い葉食い含めて体調は良好です。体つきを見るとまだ幼さが残るものの、暖かくなって張り艶が良くなり、メリハリが出てきたように思います。昼間放牧を継続していることで、調教前後は非常に穏やかに過ごしており、精神面の成長が感じられます。坂路では前向きさを見せながらも鞍上の手を煩わせることもなく、コントロールが利いた走りが出来るようになり、集中力が増してきましたよ。成長途上ながらも、この馬なりに逞しくなってきているのは確かですから、この調子で良化を促して行ければと思っています。馬体重は422キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回ロンギ場、残りの日は軽めの調整

担当者「先週はトレッドミルとウォーキングマシンでの運動に止めてリフレッシュを取り入れましたが、この中間は坂路コースと周回コース中心に調教を行っており、問題なく乗り込むことが出来ています。坂路、周回コース共に素軽いフットワークで走ることが出来ており、動きだけ見ると今後さらにペースを上げていってもすぐに対応してくれそうです。ただ、ハミ受けに難しいところがあったり、左前の骨瘤もケアしたりしていかないといけない状況ではあるので、今後も馬の状態をよく確認しながら、心身の成長を促しつつ進めていきたいと思います。馬体重は434キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アストロフィライトは血統馬なので頑張ってもらわないといけない素材ですが、現状は心身共に幼い面が目立ちます。ただ、裏を返せば、それだけ成長の余地があるということ。馬体もここにきて良化を辿っているようですし、慌てることなく進めてもらえればと思います。

エバーフレッシュは馬体重が減りやすいのが難点。素質は秘めているかと思いますが、それを開花させる土台が不安定な印象です。個人的には速い調教を控え、長い距離をじっくり乗り込むことで内面の強化を優先すべきに思います。

リヴィアは調教後に昼夜放牧を取り入れたことが良いリズムをもたらせているようで、牝馬らしい繊細な面は少しずつでも緩和してきている様子。血統は重厚な欧州色が強いですが、走りは軽さを感じるので、芝でキレのある動きを見せてくれないかなあと期待しています。

モルレーに競走馬名が決まったレディドーヴィルの19。この中間、1週間ほどリフレッシュにあてたようですが、今は坂路と周回コースを併用して鍛錬中。走りに関しては良いモノを見せている一方で、ハミ受けや左前脚の骨瘤など問題を残しています。今は辛抱の時期だと思うので、これから1~2ヶ月で良い方へ進んでいける道筋を作ってもらえればと思います。