焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

東サラなお馬さん(2歳馬)

f:id:ytitle= レッドブレンナー

21.05.14
吉澤ステーブル

馬体重:481キロ
順調に調教が進み、ハロン13秒台も交えながらの坂路調教、ダートコースでのキャンターなどをおこなっています。スピードが付き、速い時計にも、しっかりと対応出来ています。少し詰まった感じもありますが、胴伸びが出てくれば、さらなる好馬体の持ち主となるはずです。負荷を上げながらも、馬体重が増えているのも好材料。今月中には、ハロン12秒台に入れそうです。

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドデクスター

21.05.14
社台ファーム

馬体重:490キロ
蓄積した疲労を考慮して、一時ペースを落としていましたが、体調が回復し、坂路でハロン13秒の時計も出しています。いまのところ速い時計を出しても元気ですが、このペースを継続してどう変わってくるか、期待を抱きながら様子を見ていきます。気性は強い方ですが折り合いに問題はなく、距離への適応力は高いはずです。飼い葉喰いが良好な点も、心強い材料となっています。

f:id:ytitle= レッドカロス

21.05.14
社台ファーム

馬体重:514キロ
ハロン15秒ペースを基本とした坂路調教を継続していて、近々2本時計を出す日も設ける予定でいます、リフレッシュ期間を入れたことで余分な力みが消え、前掛かりで走る面も、だいぶ解消されてきました。今後、調教ペースを上げたときに、現在の好状態を維持出来るかという課題は残っていますが、まだまだ成長の余地も大きく、今後の変わり身が本当に楽しみな一頭です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブレンナーは順調に負荷を高めつつ、馬体重が増えてきているのは好印象。ここまでじっくり進めてきたことが功を奏したと思います。今後、更に負荷を高める時にどう対応してくれるのか。不安よりも期待を持って見守りたいです。

デクスターはこの中間、馬体重が減っているので、少し余裕を持たせたのかなと思います。そして今は以前の調教メニューに戻りつつあります。今後は坂路で更に負荷を高め、周回コースでも乗るようにして運動量もアップすると思うので、ここを乗り切ってくれれば、そろそろ移動の知らせが届くのかなと思います。

右肩の筋肉痛で楽をさせる時期のあったカロスですが、マイペースで調教の負荷を以前のところまで戻している状況です。走ることに対して前向きさがあり、根性も備えていて、競走馬向きの性格をしている1頭ですが、気性面の幼さと馬体の完成度がスロー。同期の馬と同じようなペースで進めていくと疲れ・反動が出てくると思うので、もう少ししっかりしてくるまでは意識的にゆっくり進めて欲しいです。