焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースでハッキング2700m、週1回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター2本、週3回周回コースでハッキング2700m

担当者「5月に入ってからは坂路調教を再開しており、リフレッシュ前と同じハロン15秒まで戻していますが、日によっては終いハロン14秒までペースアップしています。また周回コースでも、ペースはゆっくりですが長距離をじっくり乗るようにしています。まだ成長途上ではありますが、キャンターのバランスは非常に良くて、乗り手の指示にも素直に従ってくれるので、とても乗りやすいですよ。ただあまり詰め込み過ぎるとイライラしだす面があるので、もう少し精神面が成長してどっしりとしてくれば、更に良い馬になると思います。現在の目標としては、7月頃にこちらを送り出せればと思っていますので、それに向けて馬の状態を見つつ進めていければと思います。馬体重は509キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースでハッキング2700m

担当者「この中間も順調に調教を消化しており、日によって坂路コースではハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。基本的に走ることに対しては前向きに取り組んでくれるタイプですし、ペースアップ後も自らハミを取って走ることが出来ていますね。ここまでのトレーニングの成果もあり、馬体に幅が出て一回りパワーアップしてきていることで、動きにも力強さが増して、一段階走りの質が良化してきている感じがします。引き続き精神面には課題を残すものの、良い感じで日々成長してくれていますし、出来れば6月中に移動の目途を立てることが出来るように、このまま調整を進めていきたいと考えています。馬体重は493キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カミニートデルレイ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週4回トレッドミルでダク

担当者「左トモのケアを施しながら軽めの調整で疲労回復に専念していましたが、徐々に良化が窺えたことから、この中間からトレッドミルで運動を開始しています。現在は週4回トレッドミルでダクを行っていますが、運動後は左トモに疲れを感じることもなく、順調に進められています。乗り運動を控えたことで体は緩んでしまいましたから、じっくり時間を掛けながら鍛え直していく方針です。体調面は飼い葉食い含めて良好で、落ち着きがあって馬の雰囲気は良いですよ。もう暫く今のメニューで進めていき、キャンターへ移行するタイミングを見計らっていきたいと思います。馬体重は510キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンターを2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1500m、残りの日程は軽めの調整

担当者「体重の変動は少ないものの、以前より体に幅が出てボリュームが増してきたように思います。ただ、全体的な緩さから、背腰からトモにかけて非力で推進力が前に伝わってこない走りなので、焦らず馬の状態に合わせながら調教を進めるようにしています。この馬なりに筋肉量が増えてきているのは確かですし、緩さがありながらも柔軟性があって操縦性も高く、非常に乗り易い馬ですよ。この中間も同様の調教メニューで乗り運動を継続していますが、まだまだ成長途上と言った感じで体を上手に使い切れないですね。その点は今後も体力・筋力強化を図りながら良化を促して行けば、普段から素軽い走りをする馬だけに、より軽快なフットワークで坂路を駆け上がってくれるようになるでしょう。今後も疲れが溜まらないよう、適度にリフレッシュさせながら成長を促して行ければと思っています。馬体重は458キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain インディゴブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14秒~15秒のキャンターを2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路コースと周回コースを織り交ぜた調教を行っています。坂路コースでは日によってハロン14秒ペースまで進めていますが、負荷を強めても余裕を持って走ることが出来ていて、順調に乗り込みを行うことが出来ています。今のところ脚元に問題はありませんが、馬体が大きいことを常に考慮しながら、しっかりと状態を見て調教を進めていきたいと思います。コンスタントに乗り込んでいますが、引き続き飼い葉は完食していて、体調面に関しては問題ありません。今後は6月入厩を目標にしているので、良い状態で送り出せるよう調整を進めつつ、精神面では周りを気にするなど少し幼い部分がありますから、移動までにしっかりと成長・改善を図っていきたいと思います。馬体重は502キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この前にリフレッシュ期間を設けたメッセージソングですが、5月に入って坂路での乗り込みを再開。順調にペースを取り戻し、この中間はハロン14秒で行くケースも。骨折で出遅れ、体力面で物足りないところはあるも、良いキャンターを見せてくれているようでセンスの良さを感じます。ただ、精神面でも幼く、余裕がないので、定期的にリフレッシュを挟んだ方が良いでしょうねえ。更新された調教動画を見ると、自分からグイグイ走る面はやや乏しいも、脚取りは併せた馬たちよりも良好。体幹がしっかりしている馬だと思います。

ラシックステップは走ることに関して前向きなのが長所。動きも本数を重ねるごとに良化を辿っているようですし、秘かに期待したい1頭です。臆病な気性は逃げたり、馬具で補ったりして対応できるかなと思います。また、今回の更新で6月中の入厩を示唆されましたが、これまで右トモの飛節を腫らすトラブルが何度かあったので、オーバーワークには気をつけてもらいたいです。

カミニートデルレイは引き続き左トモのケアに力を注ぐ日々。その中でも徐々に良くなっているのは確か。この中間からトレッドミルで軽く動かしています。まだまだ我慢の日々は続きますが、じわじわ体重も戻ってきましたし、落ち着きがあるのは○。何とか上昇気流へと進んでいって欲しいです。

カルトゥーシュはまだまだ課題が山積みですが、動きには柔らかみがあって芝の実戦へ行って良さそう。これから馬体重が順調に増えていけば変わり身があるかも。ただ、逆に馬体重の増加が叶わなければ、厳しい競走生活が待っているかもしれません。引き続きマイペースで進めながら、上昇のキッカケを掴んでもらいたいです。

インディゴブラックと競走馬名が決まったカーニバルダクスの19。馬っぷりの良さは上々なので、これに幅が出て、ボリュームが加わってきてくれればと思います。また、今回の更新で6月中の移動が示唆されたので、そこへ向けて着実に成長を遂げてもらえればと…。最新の調教動画を早く見て、動きを確認したいです。