焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

7日に栗東・辻野厩舎へ入厩しています。☆ロードオルデン

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードオルデン(牡・辻野)父リオンディーズ 母エーシンバーサス

2021.05.12
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○辻野調教師 「5月12日(水)はゲートで駐立を確認。前扉を手開けで軽く出す段階まで進んでいます。イメージよりは大人しく、今のところはスムーズ。早ければ来週にも試験を受けられるかも知れません」

2021.05.11
5月7日(金)に栗東・辻野泰之厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。5月5日(水)測定の馬体重は448キロ。

○当地スタッフ 「移動が近付いていた先週はハロン20秒程度のキャンターを繰り返し、馬運車へ乗せるまで何の問題も浮かばないまま。栗東トレセンへ入ってもボリュームを上手く維持できるようであれば、一気にデビューを目指せそうなコンディションです」

 ☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

千葉・ケイアイファームへ移動後も淡々と乗り進めることが出来ていたロードオルデン。トレセンでの追い切りなような強めの調教は課していないも、15-15の調教は余裕を持って対応と体力レベルが足りていること7日の検疫で栗東・辻野厩舎へ入厩しています。

入厩後は競走馬としての第一関門・ゲート試験合格へ向け、ゲート練習中心の日々。エネルギッシュな馬なのでゴネたりして困らせないかちょっと心配でしたが、教えられたことを素直に受け入れてくれている様子。これなら早い段階で試験に挑戦できるでしょう。良い感じでここまで来ていることにホッと一安心しています。