焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング(牡・藤岡)父ロードカナロアチアズメッセージ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回周回コースでハッキング2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教でハロン15秒までペースアップしていましたが、4月下旬からリフレッシュ目的で周回コースでの軽めの乗り運動に止めています。少し気の強い一面がありますが、普段の様子は比較的大人しいですし、調教中も今のところは特に問題は出ていません。毛艶はとてもいいですし、飼い葉食いも良く、健康状態は良好ですね。ただ馬体にはまだ幼さが残りますし、精神的にもテンションの上がりやすいタイプなので、今後も定期的にリフレッシュを挟みながら進めていき、心身の成長を待ちたいと思います。馬体重は504キロです」(5/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ(牡・安田隆)父モーリス 母レッドジゼル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と周回コースでハッキング2700m、週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハッキング2700m

担当者「先月、外傷を負った右前膝の状態は乗り運動再開後も落ち着いていましたし、この中間は週を追うごとに調教の負荷を強めています。現在は坂路コースではハロン15秒まで脚を伸ばしており、それに加えてハッキングではありますが、周回コースでも長めのところをこなせています。以前腫れが見られた右トモ飛節の状態にも問題は見られませんし、このメニューを継続していきながら、さらなる体力強化に努めていきたいですね。気性面では相変わらず気の小さいところは目に付きますが、この馬なりに落ち着きが出て来ているように思いますし、段々と子供っぽいところも抜けてきていますよ。馬体重は489キロです」(5/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain カミニートデルレイ(牡・大久保)父ジャスタウェイ 母フェイトカラー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間も左トモの疲れが治まるまでウォーキングマシンでの運動に控えています。徐々に回復には向かっているものの、まだ完全にはスッキリとしていませんので、獣医師の許可が下りるまで軽めの運動に控えています。休む前はもう一つ体重が増えてこなかったですが、ようやく飼い葉食いが実になりつつあり、ここ最近の中ではふっくらと馬体を見せているので、今回の休養は良い意味で捉えたいですね。今後も獣医師に状態を診てもらいながら、調教再開に備えていければと思っています。馬体重は504キロです」(5/1近況) 

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ(牡・松下)父トーセンラー 母バシマー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンターを2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1500m、残りの日程は軽めの調整

担当者「引き続き週3回坂路コースでハロン15秒のペースで登坂するようにしていますが、時計こそ出ているものの、まだ気持ちに反して体がついてこない感じです。でも、まだ焦る時期でもありませんし、もう少し馬の状態に合わせながら鍛えていこうと思います。まだ緩さがあるものの、体自体は幅が出てボリューム感が増してきました。精神的に神経質なところを見せるものの、基本的には素直で扱い易いですよ。以前は苦しくなると飼い葉食いが悪くなっていたものの、体力をつけてきたのと同時に安定して食べてくれるようになっているので、その辺りは成長が感じられますね。まだ成長途上で体を上手に使い切れていませんが、成長とともに解消されてくるでしょうから、今後も馬の状態に合わせながら体力・筋力強化に努めてまいります。馬体重は462キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メッセージソングはこの中間、周回コースのみの運動でリフレッシュを図っていますが、馬体減ということはなし。少し気の強いところが競馬に行ってどうか?という心配はありますが、言うことを聞かないのであれば去勢手術をする手もあるので、今は深刻に考えないで良いのかなと思います。ひとまず脚力は非凡なものはあると思いますし、骨折で出遅れた馬ですし、焦ることなく心身の成長をしっかり促していってもらえればと思います。

性格面(気の小さい)の改善は難しいかもしれませんが、動き自体は良いものをみせてくれているクラシックステップ。3頭併せの真ん中に入れたり、他馬の後ろに付けてキックバックを浴びせたりと色々経験を積んでもらえればと思います。あとは馬体面で弱さもあるので、オーバーワークに繋がることは避けてもらいたいです。

3月・4月と苦労の調整が続くカミニートデルレイ。現在も左トモの回復に力を注いでいますが、まだスッキリ見せず。その一方で細くなりつつあった馬体重が回復傾向なのは○。乗り運動を再開するとまた減ってくるかもしれませんが、騎乗運動再開までにもっと回復・増加しておいて欲しいです。何とかここで負の連鎖から抜け出して欲しいです。

カルトゥーシュはこの馬なりに調教を消化していますが、気持ちと体がまだまだ噛み合っておらず。走ることへの前向きさがあるのは良いのですが…。まだまだ心身の幼さが目立つので、マイペースを貫いていくのみです。そして内面がしっかりしてくれば、馬体に幅が増したり、普段の立ち振る舞いに堂々としたところが出てくるのかなと思います。ひと夏を越すことで確かな成長を遂げて欲しいです。