焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牝馬・北海道組)

f:id:yakifish:20210506122635j:plain
f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト(牝・中内田)父ディープインパクト 母ウェイヴェルアベニュー 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も馬体や脚元に不安が出ることはなく、坂路コースと周回コースを併用し、同様の調教メニューを継続しています。十分な乗り込み量を確保していることで、動きや体力面にだいぶ余裕が出てきているようで、体をしっかり使って走れるようになってきましたし、前向きさも出てきましたね。体重こそ大きく変わりませんが、背が伸びてかなりガッチリしてきた印象を受けますし、これからもう少し大きくなりそうな雰囲気がありますよ。今後も成長に合わせながら進めていこうと思います。馬体重は457キロです」(5/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ(牝・松永幹)父ハーツクライ 母パーシステントリー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「前回、リフレッシュ効果でせっかく増えていた馬体重が、また減少傾向にあるので、この中間は調教強度を少し落としました。これ以上は減らさないように気を付けていきたいですね。それでも、ほぼ毎日乗り運動を行うことができていますし、内容としては良い調教を積むことができていますよ。脚元に問題はなく、飼い葉も食べてくれていますし、体調面に不安はありませんね。まだ緩さがありますし、筋肉量も物足りないですから、今後もじっくりと乗り込んで良化を促していきます。馬体重は441キロです」(5/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア(牝・安田翔)父GalileoリプリートⅡ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回坂路コースでハロン14~15秒のキャンターを1本と放牧、週4回周回コースで軽めのキャンター2400mと放牧、残りの日程は軽めの調整

担当者「引き続き週2回坂路コースでハロン15秒の調教を継続しており、速い日はハロン14秒台まで脚を伸ばすようにしています。先月と比較すると、最後まで余裕を持って駆け上がってくれるようになり、前後のバランスがしっかりとしてきましたね。体重こそ大幅に増えていないものの、全体的にボリューム感が増してきましたし、それだけ中身が伴ってきた証拠だと思います。調教後は昼間放牧を取り入れるようにしてから、肉体だけではなく、精神的にも余裕が出て、調教では以前にも増して乗り易くなってきました。今後も馬の状態に合わせながら乗り運動を進めていければと思っています。馬体重は421キロです」(5/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カーペンタリア(牝・木村)父ロードカナロア 母モシーン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間は1週間リフレッシュ取り入れ、先週から乗り運動を再開いたしましたが、今週になって熱発してしまった為、ウォーキングマシンのみの運動に止めています。先週までは坂路コースをハロン14秒ペースで、周回コースでもコンスタントに乗り込んでいました。運動中の動きには力強さを感じるようになりましたし、併せ馬でも負けん気があり、競走馬として必要な要素を身につけてくれていて着実に成長しています。熱発も幸い軽いものなので、数週間様子を見てあげれば、乗り運動を再開することが出来ることでしょう。馬体はキ甲が成長して幅も出ましたし逞しくなりましたよ。馬房でもリラックスできて休めていますから、体調を見ながら運動の負荷を高めていきます。馬体重は453キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道で調整中のシルク2歳牝馬の近況をまとめて。

アストロフィライトは緩やかな成長曲線ですが、見た目はだいぶしっかりした印象。バランスの良い好馬体はさすがです。素質は確かなものがあると思うので、今は頓挫を引き起こすことなく、コツコツ乗り込んで土台を固めていくことが大事。そして春から夏にかけてググッと成長を遂げていってもらいたいです。

エバーフレッシュはリフレッシュを挟んだことで雰囲気が良くなり、馬体重も450キロ台まで戻すことが出来ていたのですが、ここに来て馬体重が減少傾向に。今のところはハロン16秒台にセーブし、周回コースで乗る日を1日減らすことで対応。騎乗運動をストップすることは避けることが出来ています。ただ、その後の回復が鈍いようなら、ウォーキングマシンのみの運動へ切り替えるといった柔軟な対応をお願いします。

リヴィアは与えられたメニューに食らい付くことは来ていますが、最後は少しクタびれた感じで失速気味な様子。まあ、これは体力がついてくれば変わるでしょうし、今は前向きに調教に取り組んでいることを評価したいです。そしてここにきて馬体重は421キロへ。もっともっと増えて欲しいところですが、1つ壁を乗り越えたかなと思います。

カーペンタリアはリフレッシュを挟み、乗り運動を再開して負荷を高めていこうという段階で熱発。幸い症状は軽いようですが、ウォーキングマシンのみの運動で余裕を持たせています。それまでは併せ馬で負けん気を出すなど競走馬向きなところを示してくれていたようですし、ここは気持ちを切り替え、焦ることなく、熱発からの回復を進めてもらえればと思います。