焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【ロード】日曜日(4/25)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール

4月25日(日)東京8R・4歳上1勝クラス・混合・芝1600mに横山武Jで出走します。4月21日(水)美浦・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は14時00分です。

○久保田調教師 「4月21日(水)は力ませないように1頭でフワッと走らせました。思っていたよりも混雑しておらず、現段階では芝、ダートのどちらも入りそう。元々の得意な舞台を選ぶべきか、この機会に新しい条件へチャレンジするか・・・もう少し考えさせてください」

≪調教時計≫
21.04.21 助手 美南坂良1回 54.1 39.4 25.6 12.8 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアブソルート

4月25日(日)東京10R・鎌倉S・混合・ダ1400mに石川Jで出走します。4月21日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は15時10分です。

○吉岡調教師 「4月21日(水)は馬場状態が今一つ。時計は要したものの、心配は不要ですね。徐々にレースぶりが良化しており、クラスが上がっても相応に戦えそう。ただ、今週は厳しい抽選でしょう」

≪調教時計≫
21.04.21 助手 栗東坂良1回  57.5 42.3 28.0 13.6 馬なり余力

 ☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(4/25)に出走するロード馬の出走記事をまとめて。

シベールはスタートが安定してきて、差す競馬は出来ているのですが、2戦連続で直線で少し行き場をなくし、アクセルを踏み直すロス。その後、ジリジリと伸びてくるも、上位を窺うところまでは行きません。まあ、単純に芝の決め手勝負では分が悪いのでしょう。

今回も掲示板を外してしまったことで、節を稼ぐために放牧に出るのかなと見ていましたが、在厩調整で中2週での出走を検討。ダートならさほど間隔を空けずに使えることから前走後の次走候補では東京・ダ1600mで新味を求めることが本線に。そして新潟の芝1800mor東京の芝1600mを候補として残しておくことに。

個人的には砂を被った時にパニックになる恐れはあるも、攻め駆けする馬ですし、育成時からダート馬の可能性を示唆されていたので、新味を求めることに大賛成でしたが、陣営は最終的に冒険することを避け、出走枠に潜り込めた東京・芝1600mへと置きに来ました。勿論、陣営の意図等は分かりますが、開幕した東京の芝はスピード最優先。時計面で限界があると言わざるをえないシベールにはレース前から苦戦する姿が目に浮かびます。また、今回は在厩調整・中2週のローテで臨む1戦。追い切りは直前の1本だけに止め、馬体とテンションの維持に一苦労。動きは悪くないのですが、状態面からの上積みも期待できません。

唯一、好転するのが小回りの中山から直線が長くて広い東京へのコース替わり。左回りの方が走りはスムーズなようですし。レースプランは横山武Jにおまかせしますが、今回もスタートを決め、その後、少しポジションを取りにいって欲しいなあと個人的には思っています。

ロードアブソルートはJRAに復帰後して4戦2勝。心身に幼さを残しつつも、レース経験を積む毎に内容が良化しているのは頼もしい限り。前走は脚抜きの良い高速決着を懸念しましたが、正攻法の競馬で中京の長い直線を踏ん張り通しての勝利は着差以上に強かったです。

前走後も在厩調整を続け、左回りのダ1400mが現状のベストという考えから、ここを目標に。使ってきていることから中間の調整は疲れを取り除くことを優先し、追い切り自体は軽め。また、想定の段階から登録数が多くなることは分かっていたので、除外になることを視野に入れていたこともあるでしょう。しかしながら、運が良く(運が悪く?)、確率の低い抽選を突破しての出走が決まりました。まあ、走れる態勢にはあります。

ただ、今回は3勝クラスへの昇級戦。ゆくゆくは通用すると思いますが、いきなりから勝ち負けに持ち込めるかとなると個人的には悲観的。良馬場でやれるのはプラスでしょうし。石川Jは全くのテン乗りとなりますが、基本乗りやすい馬ですが、東京への長距離輸送でアブソルートのテンションは高くなるかな? 目立った馬体減や酷いイレ込みは回避したいです。レースプランに関しては、今回は経験を積む場になると思うので、石川Jにおまかせ。先々を見据えて、敢えて馬群の中で追走させたりするのもありでしょう。まあ、現状のレベルでどこまでやれるのかを冷静に見たい1戦です。