焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

勝ち馬にマークされ、最後の急坂で甘くなってしまったところを差し込まれて4着に終わるも、先を睨んでの仕上げでしたし、重馬場を走り抜いた疲れ・ダメージを最小限に止められたのは良かった。中2週のローテで臨むNHKマイルCでの巻き返しを期待。☆ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

土曜阪神11R アーリントンC(G3・芝1600m)4着(2番人気) 福永J

好スタートからそのまま二の脚を活かして先頭に立ちます。セーフティリードを保ちながら最後の直線へ向き、粘り込みを図りますが、残り200mで交わされ、重賞連覇は叶わず0秒4差の4着でゴールしています。

音無調教師「シンザン記念以来の競馬でしたが、マイナス6キロとそこまで太目は残らなかったですし、パドックでの気配も上々で、良い周回が出来ていたように思います。跳びの綺麗な馬ですから、重馬場にどれだけ対応してくれるのか気掛かりでしたが、レースを見る限り脚を取られることもなく最後まで走ってくれました。ただ、もうひと伸び利かなかったのは先を見据えた仕上げの分が出てしまったのかなと思います。レース後、福永騎手にどうだったか確認したところ、『パドックで跨ってから返し馬を終えるところまで、テンションが上がることもなく落ち着いていましたし、精神面の成長が感じられましたね。レースに行ってもそこまでムキになって走ることはなかったですし、良いペースで先行することが出来ました。最後の直線ではもうワンパンチ足りなかったですが、今回は本番を見据えての仕上げだということですし、次はもっと良い走りを見せてくれそうです』と前向きなコメントが返ってきました。今回は良い結果を得られなかったですが、あくまで本番はNHKマイルカップと考えているので、次走は悔いのないよう仕上げて臨みたいと思います。まずはトレセンに戻って状態をよく確認しておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタートをポンと出て、最初の1ハロン目では単騎のハナへ。手応えを残して4角を回ってきたが、いざ追われてホウオウアマゾンを突き放せない。あとは坂からあまくなってしまう。3ヶ月ぶりと道悪の分があったよう。(B誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:5月9日の東京・NHKマイルカップ(G1)・福永J

音無師「競馬場に着いてから返し馬を終えるところまでとても集中していましたし、精神的に大人になっているなと感じました。ただ、間隔が空いて気持ちが乗っていなかっただけかもしれませんから、その点には引き続き注意しながら進めていかないといけませんね。トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでしたので、今週いっぱいは軽めの調整でコンディションを整えてあげて、来週から普通に乗り出していこうと思います。その後も問題なければ、予定通り5月9日の東京・NHKマイルカップに福永騎手で臨む予定です」(4/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りではひと追い毎に調子を上げてきたピクシーナイトですが、前走時と比較すると7~8割程度のデキ。今回は逃げるにしてもマークされるでしょうから、好走のイメージはなかなか出来なかったのですし、当日は予想していたよりも馬場の悪化が進み、馬群に沈むケースまで想定していました。

パドックに登場したピクシーナイトは前走からマイナス6キロでの出走。暖かくなってきたことで絞れた分だと思います。また、これまではチャカ付いたりして、若さを覗かせていましたが、今回は仕上がり途上だったのもあるかもしれませんが、落ち着き十分。精神面の成長は十分感じ取れました。

レースは先を見据えて2~3番手からの競馬をするのかなと見ていましたが、今回も好発を決めて自然とハナヘ。道中、ムキにならずに走れていたと思いますが、今回は唯一の重賞馬でしたし、当面のライバルだったホウオウアマゾンが2番手から大名マーク。キンカメ産駒のパワータイプなので馬場の適性も高いと見ていたので、この時点で苦しかったです。

直線を向いてからジワッと仕掛けたピクシーナイトと福永Jですが、早めにホウオウアマゾンが先頭へ。本当はそこから馬体を接する形に持っていけばもう少し肉薄出来たと思いますが、福永Jは次走を睨んでそこまで無理をさせず。そして阪神の急坂で甘くなってしまったところをリッケンバッカー・レイモンドバローズにも差し込まれ、4着に終わってしまいました。

結果は残念ではありますが、レース前に想像していた着順・内容よりも良かったですし、重馬場でのダメージを最小限に止めることは出来たと思います。まずは回復に努め、来週から再度仕上げに入ってもらえればと思います。まあ、ここを叩いたことで本来のピクシーナイトが戻ってくるでしょう。次の本番でも福永Jが乗ってくれるのは有難いです。