焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】カーニバルダクスの19&レディドーヴィルの19

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カーニバルダクスの19(牡・奥村豊)父キタサンブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「3月まではハロン16秒中心で進めてきましたが、動きが順調に良化してきたことから、今月より15-15中心で坂路調教を行っています。体全体を上手く使えていますので、ゆったりとした理想的なフォームでトビの大きいキャンターをしていますね。それでいてスピードに乗るのも速いですし、持続力もあるのがこの馬の特長です。ただ、調教を進めると捌きが硬くなったり、肉付きが寂しく映ったりすることがあり、加えて精神的にも幼い部分は残していますから、まだまだ成長の余地が多いに残っています。夏場にかけて著しく成長してきそうなだけに、これからが楽しみです。馬体重は498キロです」(4/12近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain レディドーヴィルの19(牝・長谷川)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「トモの緩さや捌きの非力さなどに課題を残している中で、坂路調教では非常に軽快かつ推進力のある走りを見せており、これから更に鍛えていけばもっと良い動きをしてくれそうですね。また、急にハミをガツンと噛んでしまったり、物見をしたりする面がありますので、心身のバランスが整ってきたところでより負荷を掛けた調教を行う方針です。それでも、周回コースでの調教でハミ受けの改善を行っているのですが、しっかり修正することが出来ていますし、この馬なりには成長を感じています。マイルから中距離路線での活躍になるかなと思っており、今のところ芝で溜める競馬をするのが合っていそうです。馬体重は440キロです」(4/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追加募集馬が10頭ラインナップに加わりましたが、正直なところ『これが欲しい!』というレベルの馬は見つからなかったのですが、即戦力というよりはここから化けるかもしれない点を期待して、カーニバルダクスの19とレディドーヴィルの19を出資申し込みしました。

カーニバルダクスの19は体質の弱さや気性面の幼さが残る現状ですが、父キタサンブラックらしく雄大な馬体。歩様は前脚の送りがやや独特+捌きは硬めなので脚元へのリスクはありますが、トモの踏み込みは力強さ○。これによって推進力のあるトビの大きいフットワークをしています。動画を見ても、見た目以上に時計は出ています。また、母系はアメリカ色が強いので、芝がダメでもダートで潰しが利きそうですし、馬格を生かした先行策がピタッと嵌るかもしれません。

移動・入厩となるにはまだまだレベルアップが必要ですが、これからコツコツ乗り込むことによって動きの質を高め、馬体のメリハリをしっかり作っていってもらえればと思います。そして父キタサンブラックのように他馬を威嚇するようなオーラを身に着けてもらいたいです。

レディドーヴィルの19は昨年のカラパタールのようにダメ元で出資したくなった追加募集馬。馬体は華奢ですが、歩様は素軽くて滑らか。そして好感を持ったのが坂路を駆け上がる時のフォーム。現状、ハミ受けが一息でフワッと頭を上げたりしていますが、走りの重心は低く、左右へブレるところも少ないです。そして前向きに走ることが出来ているように思います。溜める走りを憶えれば、最後の直線で牝馬らしい切れ味を発揮してくれそうです。また、母系自体も堅実なので、これから怪我なく順調に成長していってくれれば、1勝はしてくれそう。あとはどこまで伸びしろがあるかでしょう。

以前、ブラックタイド産駒でエレンボーゲンという馬を出資し、未勝利に終わりましたが、そのリベンジもこの馬で果たしたいです。

2頭共に現状の期待値は高いとは言えませんが、私の予想を良い意味で裏切ってもらい、息の長い活躍を見せて欲しいです。まずは無駄な怪我をしないようにお願いします