焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・関西牡馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本に周回コースでハッキング2700m、週3回周回コースでハッキング2700m

担当者「この中間もやや運動量を増やし、ペースも上げて順調に乗り込むことが出来ています。他馬と比べて乗り込み量が不足していますから、急に負荷を高めることはしないようにしています。いまは質の高い運動を継続して行うことで地力をつける段階と考えています。坂路では、変わらず素軽い走りで登坂してくれていますよ。課題の気性面ですが、カリカリするところは残していますね。今後も適度にリフレッシュを取り入れる必要がありあそうです。ただ、走ることに前向きな気性の持ち主ですから、無理強いしないように騎乗していけば徐々に良くなってくれることでしょう。馬体重は506キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースでハッキング2700m、週2回トレッドミル

担当者「この中間、右膝を外傷してしまい先週はマシンのみの運動に止めていましたが、幸い傷も浅く、すでに乗り運動を再開しています。外傷の具合に注意しながら立ち上げている現状ですので、現在は屋内坂路を週1回にして、徐々に負荷を高めているところです。休んだといっても1週間ですから馬体重に変化はありませんし、馬体にも張りがあり先月と比べてだいぶしっかりしてきた印象です。精神的には臆病な面をまだ残しているので、引き続き注意していく必要はありますが、悪いことをするわけではないので、運動をしていて問題になることはありません。今後はまず元のペースに戻して、速めの調教を積み重ねていきます。馬体重は489キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain コンジャンクション

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本+周回コースで軽めのキャンター2700m、週2回屋内坂路コースで15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、週1回トレッドミル

担当者「負荷を強めた後も疲れを見せることなく、順調そのものですよ。登坂回数を積み重ねていくにつれて動きに力強さが増してきましたし、最後までブレずに駆け上がってくれます。負荷を掛け続けて気持ちが逸れるようなところもなく、集中して走ってくれますし、力を付けてきたことで以前にも増してしっかりと動けるようになっていますね。暖かくなってきたことで冬毛が抜けて、体の張り・艶がとても見映えするようになり、競走馬らしい体つきに成長しています。早ければ今月中には入厩に備えて本州へ移動する方針ですので、この調子で良い状態で送り出せるよう、態勢を整えておきたいと思います。馬体重は482キロです」(4/15近況)

⇒⇒20日福島県ノーザンファーム天栄へ移動し、21日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。(19日・最新情報)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンターを2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1500m、残りの日程は軽めの調整

担当者「この中間も引き続き坂路と周回コースを織り交ぜて調教を行っています。腰回りにまだ力が付ききっていないので、坂路では勢いをつけないと走れない部分がありますが、これに関しては、乗り込んでいけば少しずつ良化してくると思います。馬体に関しても、以前より良化はしているものの大きな変化はありません。今はまだ急いで時計を縮める時期ではないので、このメニューを継続して乗り込んでいき、体力・筋力ともについてくれば、走りや馬体にも変化が出てくると思います。馬体重は460キロです」(4/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メッセージソングは出遅れた分、乗り込み量に物足りなさを残すも、与えられた調教メニューを順調に消化中。気性面で煩いところはあるも、他馬を気にする感じはなく、走りは前向き。徐々に気性が大人になってきてくれるでしょう。また、最新の調教動画では他馬とリズムを合わせる形で登坂していましたが、ブレは少なく、スムーズに加速できていたのは好感。十分な馬格を持っていますし、活躍してくれそうです。

ラシックステップはこの中間に右膝を外傷するアクシデント。その結果、1週間ほど軽めのメニューに切り替えられましたが、最新の調教動画が4月12日付だったので、今はもう大丈夫なのかなと。課題は臆病な面になりますが、坂路での行きっぷりの良さを見ると、スピードはなかなか良いモノがありそう。マイルぐらいの距離で逃げ・先行タイプの競走馬に育ってくれるのかなと思います。

19日の最新情報で北海道を離れたことが分かったコンジャンクション。予定通りなら21日にNFしがらきへ到着します。父ルーラーシップの血が良く出ている身体能力の高い1頭だと思うので楽しみな存在ですが、1つ歯車が狂うとガタガタしそうな面も。気難しさは持ち合わせているので、走ることが嫌にならないように注視してもらいたいです。

カルトゥーシュは淡々と乗り込んでいますが、教育していかないといけない面が多く、現状は鍛えるというよりは走りの基礎を身につける段階。調教の負荷を高めた際にフットワークがバラバラになったりしないように。見た目は案外品のある馬なのですが、中身はまだまだ小さな子。色々経験させることで堂々と振る舞えるようにまずは育って欲しいです。