焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアブソルート

4月14日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。4月25日(日)東京・鎌倉S・混合・ダ1400mに石川裕紀人騎手で予定しています。

○吉岡調教師 「すっかり元気に。充電完了・・・と言った感じですね。4月14日(水)は15-15に止め、週末にペースを速める予定。鎌倉Sは除外も考えられるだけに、それも念頭に調整したいと思います」

≪調教時計≫
21.04.14 助手 栗東坂稍1回 60.4 44.1 29.1 15.0 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール

美浦トレセンで軽目の乗り運動を消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月25日(日)東京・4歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1600mに大野騎手で予定しています。

○久保田調教師 「騎乗調教の再開後も気掛かりな点が何も浮かんでおらず、4月14日(水)は角馬場で長目に動かしました。今のところはテンションも大丈夫。良い意味でいつも通りです。次のレースへ向けて準備を進めるのみ。大野騎手との新コンビで臨もうと思います」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

4月15日(木)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。4月24日(土)阪神・あやめ賞・混合・芝1800mに岩田望来騎手で予定しています。

○友道調教師 「4月15日(木)はマカヒキに対して優勢でした。相手が1本目だったのは確か。でも、動きは全く問題ありません。ボリュームは戻っており、食欲に減退傾向も無し。ここまでは順調でしょう」

≪調教時計≫
21.04.15 助手 栗CW良 97.7 81.4 66.1 51.7 38.6 12.2 馬なり余力 マカヒキ古馬オープン)馬なりの外0秒7先行0秒1先着
21.04.18 助手 栗東坂稍1回 58.6 43.4 28.5 14.3 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

4月14日(水)美浦・芝コースで調教時計を記録しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○木村調教師 「今のところは順当な回復が叶っており、随分と元気な感じに変わって来ました。4月11日(日)に15-15を消化。そして、14日(水)は本馬場で長目から時計を出しています。明日以降のダメージ次第ながら、このままレースへ向けて仕上げを施しましょう」

≪調教時計≫
21.04.14 助手 美南芝稍 68.4 52.8 38.9 12.0 馬なり余力 セントオブゴールド(古馬2勝)強目の外1秒2先行0秒2遅れ
21.04.18 助手 美南坂重1回 56.7 41.6 27.3 13.4 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードアブソルート・シベール・ヴェルトハイムは今週末の競馬を予定。

ただ、アブソルートが出走を予定している鎌倉Sは47頭が登録。詳細は分かりませんが、出走にこぎつけるのは難しいのかな? 中間の調整はやや手緩いので、そういうのを見越してのものだと思います。また、昇級して即通用とはいかないと思うので、出走が叶った場合は次走以降に繋がる走りを見せて欲しいです。正攻法よりも末脚を生かす競馬を試みて欲しいです。

シベールは前走後も馬体重の回復・維持を優先中。時計は直前に1本サッとやれば大丈夫でしょう。攻め駆けするのでダートは悪くないと思いますが、繊細な気性のお馬さんなので、キックバックを浴びた時にかなり戸惑う懸念は拭えません。芝では決め手に欠けるので、何とかダートで新味が出てもらいたいですが…。

ヴェルトハイムは攻めで動くのは以前と変わらず。馬体の本当の回復は分かりませんが、関西圏のレースなら巻き返してもらわないと。また、以前の岩田望Jは前々で立ち回って粘り込むイメージが強かったでしたが、末脚を生かそうという姿勢は個人的には大歓迎。こちらは登録が9頭と落ち着いたので、じっくり構えて末脚勝負に徹して欲しいです。個人的には最後方追走の方が他馬を気にしないで伸び伸び走れるのかなと見ています。

左前脚のフレグモーネで予定が白紙に戻ったソレンニータ。その後、患部の回復が進み、追い切りを再開していますが、線の細い牝馬なので追い切りをやり過ぎるのもどうか。一頓挫ある前にもしっかり乗りこまれていた訳ですし。さすがに今週末の出走はないかと思いますが、今の雰囲気なら来週にはGOサインが出ても良いのかなと見ています。