焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースと周回コースでの運動を行っています。坂路のペースはハロン16秒と変わりありませんが、コンスタントに乗り込んでいても左飛節の状態に良い意味で変化がないのは何よりですね。坂路や周回での動きはまだこぢんまりとした印象ですが、首や背中がしっかりと連動してくれば、馬体全体を大きく使った走りが出来るようになってくるでしょう。まだ心身ともに幼い面は見られますし、焦って早期からの始動を目指すのではなく、成長を促しつつじっくりと進めていきたいと思います。馬体重は461キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週4回周回コースでハッキング2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「先週から周回コースのみにて乗り運動を再開し、今週から坂路調教と徐々にペースを戻してきております。現在はハロン15秒で乗り込まれており、3ハロン目までしっかりと良いフォームを維持して登坂することが出来ています。騎乗していても手応えに余裕がありますし、自らハミをとって前向きに登坂してくれていますよ。リフレッシュした効果で、馬に活気が戻ってきましたね。馬体重も450キロ台と、しっかり食べて、ガッツリと運動していますから良い成長をしてくれています。まだ、馬体のメリハリが出てくるまでは筋肉がついてきていないものの、この運動を継続していけば近いうちに体つきは更に良くなることでしょう。今後はゲート練習も取り入れながら、夏前の移動を視野に入れて調整していきます。馬体重は454キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リディア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンターを1本と放牧、週3回周回コースで軽めのキャンター2400mと放牧、週2回ウォーキングマシンと放牧、残りの日程は軽めの調整

担当者「この中間も坂路と周回コースを織り交ぜて調教を行っています。メニューをこなした後には、心身ともに疲れが溜まらないように適度に放牧を取り入れています。馬体には良い意味で大きな変化はないですが、体力やパワーなどはしっかり付いてきた印象ですね。そのため、動きもかなり良くなり、馬自身が上手に体を使えるようになってきています。メニューはしっかりこなせているだけに、今後も馬の状態を見ながら、成長に繋がるように進めていきたいと思います。馬体重は415キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カーペンタリア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「予定通りこの中間からハロン14秒ペースでの調教を開始しました。15-15で基礎を固めたことで、ペースアップ後もまずまず対応してくれていますね。ただ、ラスト1ハロンは若干手応えが鈍ってしまいますので、これから継続的にこのペースで乗っていきたいと思います。負荷を掛ける形となりましたが、飼い葉食いが落ちることは無かったので、体重は前回計測時から減ることはありませんね。見た目もこの馬なりにボリュームが増して、決して寂しくは映りません。ただ、背腰にダメージが残りやすいので、ショックウェーブ治療などを用いて疲れを溜めないよう気を付けていきます。馬体重は449キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain スノーグレース

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「今月上旬にはウォーキングマシンを中心としたメニューに変更してリフレッシュを挟みましたが、再び坂路コースでハロン14秒のところを取り入れつつ進めています。しっかりとリフレッシュ出来たこともあり、馬の雰囲気は相変わらず良好ですし、背中の感触も良いですね。腹回りを中心に段々と体も引き締まってきていますし、肩回りやトモにもメリハリが出て来て、馬体も良化してきましたよ。それでも、全体を見た時にはまだまだ筋肉の緩みはありますし、これから暖かくなるに連れてさらに良い方に変わってきそうです。来月くらいの移動を見据えていければと考えているので、この調子で乗り込みつつさらなる良化を図っていきます。馬体重は474キロです」(4/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アストロフィライトは左飛節の状態が落ち着いているのは何よりですが、体つきも幼さが残り、まだまだ成長待ちといったところ。フットワークはディープインパクト産駒らしい軽快さはありますし、母系からはスピードは豊富な筈。走ってもらわないといけない1頭ですが、ひと夏越しての成長を見越して、今はマイペースを貫いていってもらえればと思います。

前回の更新で少し疲れが見られた為に、リフレッシュに充てていたエバーフレッシュ。馬体も細くなっていましたが、ひとまず450キロ台まで回復。そしてこの中間から乗り運動を再開し、坂路でも積極的に乗られていますが、最新の動画を見ると、幾らか重心の低い走りになってきたのは○。牝馬らしいイライラしたところはあるでしょうが、走ることに前向きなのも○なので、この気持ちはずっと維持してもらいたいです。

リディアは微増でも馬体重が増えたのは好印象。血統的に速い脚を使えるかどうかは不明も、走っている様・フットワークは悪くないですし、長目の距離で頑張ってくれたらなあと思います。ここから順調に馬体重が増えていってくれれば、化けても不思議ない1頭です。

カーペンタリアはこの中間からハロン14秒へ1歩踏み込みましたが、動きにはまだ余裕はありません。ここから本数を重ねていっての良化待ちといったところです。また、遅生まれで体質面の弱さがあるので、状態を見極めつつ、攻めすぎないように注意して欲しいです。

スノーグレースはリフレッシュ期間を設けたようですが、坂路でのハロン14秒の調教を再開。イライラが緩和されたことで、走ることにも集中できている様子。ただ、馬体には緩さが残るので、早めにデビューして即結果が付いてくるかとなると半信半疑。出走と放牧を繰り返して、心身の成長を待つ形になるのかなと想像します。また、個人的には芝でこそのタイプかなと見ています。