焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

五分のスタートから正攻法の競馬。直線では追い出しを待つ余裕はあったも、直線半ばからはジリジリ差を詰めてきていた1番人気馬とのマッチレースへ。最後は経験値の差で捻じ伏せられましたが、諦めることなく内から差し返そうとし続けたのは立派。負けて強しの2着。☆アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山晴)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

土曜新潟10R ひめさゆり賞(芝2000m)2着(2番人気) 吉田隼J

まずまずのスタートから好位2番手で流れに乗ります。そのまま直線へ向くと、ゴールまで激しい追い比べとなりますが、僅かに及ばず昇級戦は2着でゴールしています。

杉山晴紀調教師「ここを勝ち上がってダービートライアルという青写真を描いていたのですが、あと一歩踏ん張り切れなかったですね。少頭数で流れは速くならないだろうと思い、正攻法での競馬を選択しましたが、道中は折り合いを欠くこともなく、概ね上手にレースを運べていましたね。レース後、吉田隼人騎手に確認したところ、『前回より上手にゲートを出てくれましたし、道中も流れが遅かった割にはリラックスして走ってくれましたね。最後は交わされてしまいましたが、正攻法の競馬でもよく踏ん張ってくれたと思います』と話していました。最後は終始アリーヴォをマークしていたヴェローチェオロに交わされたものの、レースを経験する毎にしっかりと走ってくれるようになってきましたね。まだ伸びしろのある馬ですから、これからの成長次第でもっと良いパフォーマンスを見せてくれるようになると思います。この後はトレセンに戻って状態をよく確かめてから相談させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

結構いいペースを早め2番手へ。直線半ばで交わして先頭に立つと、外からきた勝ち馬と2頭で叩き合いながら後続を離していく。最後まで差し返そうとしていたが競り負ける。それでも後続は離した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/15日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:5月22日の中京・メルボルントロフィー

杉山晴師「トレセンに戻って状態を確認したところ、目立ったダメージは見られませんでしたが、一旦放牧に出して心身ともにリフレッシュさせようと思います。もし、その後も問題なければ5月22日の中京・メルボルントロフィーに向かいたいと考えていますので、そこに向けて態勢を整えてもらおうと思います」(4/14近況)

⇒⇒15日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(15日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

少頭数(7頭立て)とはいえ、強い相手と戦っている馬もいて、昇級して即通用するか未知な部分があったアリーヴォ。個人的には未勝利の勝ちっぷりが良かったですし、1ハロン延びること自体は微妙かなと思いつつも、良い勝負をしてくれることを期待してレースを見守りました。

一息入って8キロ増でパドックに登場してきたアリーヴォ。元々、馬格の割に線の細さを感じさせる馬だったので、この増加は好印象。暖かい季節を迎えて実の入りが良くなってきたのでしょう。放牧を挟みつつ、着実な心身の成長を感じさせてくれます。

レースは距離を意識して、前半はソロッと乗ってくるのかなと想像していましたが、吉田J&アリーヴォは五分のスタートから流れに身を任せるように3番手を追走。前に壁を作れない位置でしたが、今回は折り合いがピッタリ。終始、抜群の手応えで進み、新潟の長い直線の入り口で早くも逃げ馬に並び掛けて先頭を窺う勢い。ただ、早めに抜け出すとソラを使うことを懸念したのか、吉田隼Jは200mほど追い出しを我慢。そして残り400mを切ったあたりからGOサインが出ました。ただ、アリーヴォの直後で息を潜めていたヴェローチェオロはジリジリ直線で差を詰めてきており、残り300mぐらいからマッチレースに。外から被せに掛かって勢いのあったヴェローチェオロの方が脚色は良く、少し前に出ましたが、アリーヴォは内から渋太く抵抗。そしてゴール前50mぐらいでは内から差し返しそうな雰囲気もあったのですが、強い相手と戦ってきた経験値が生きた感じで頭差封じられてしまいました。正直言えば、ここまで行けば、勝ち切って欲しかったなあと。まあそれでも、正攻法の競馬で2000mを走り抜き、目標にされる不利な流れでも、ここまで食い下がったのは立派。1番強い競馬をしたと思います。

レース後のアリーヴォですが、目立った疲れはなし。ここを勝っていれば、次走でダービーTRへ使うことを杉山晴師は考えていたようですが、負けてしまったので一旦放牧に出すことに。15日にNFしがらきへ移動済です。また、早速、次走には来月22日の中京・メルボルントロフィーを予定。無理に合わせる必要はないですが、レース後の雰囲気なら十分態勢は整うのかなと思います。

デビュー戦は頼りない印象しかなかったアリーヴォですが、ここまで大事に使ってきて、1戦ごとの成長というか進化の幅がホント大きいです。まあ、暖かくなり、馬体に実が詰まってくることで急激に力をつける馬はちょこちょこ目にしますが、これは走る馬の証でもあります。スパッと切れる脚は現状ないですが、長く良い脚を繰り出せるので、今回のレースを1つ手本にしてもらい、まだまだ上のクラスを目指していって欲しいです。そして、吉田隼Jとのコンビを継続していってもらえたらなあと思います。