焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【シルク】土・日曜日(4/17・18)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

土曜新潟4R 3歳未勝利・牝馬(ダ1200m)2枠2番 西村淳J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計

手塚師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はルージュセリーズが追走して行き、直線では内に進路を取って強めに追いましたが、追い付けないままゴールしています。遅れを取ってしまったものの、コースでの追い切りを重ねることが出来ているように、馬自体は前回調整時よりもしっかりしてきている印象ですね。調教後の息遣いを聞いても、中身の方はまずまず整っている印象です。これ以上追い切りを重ねてもグッと良化してくることはなさそうですし、どこかに痛みが出ない内にサッと競馬に使っていった方が良いでしょうから、今週の牝馬限定の新潟・ダ1200戦に西村淳Jで投票させていただきました。今回は1200mへの距離短縮に加え、気持ちの方の改善を図れないかと考えブリンカーを着用することにしました。これまでと条件は替わりますが、これが良い方に向いて前進したところを見せて欲しいですね」(4/15近況)

助 手 11美坂良 57.6- 41.7- 26.8- 13.3 馬なり余力
助 手 14南W稍 67.5- 52.7- 39.1- 13.6 強めに追う グラスディアブロ古馬1勝)強めの内0.6秒追走0.6秒遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

土曜新潟10R 雪うさぎ賞(芝1200m)8枠14番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計

池上師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はカラパタールが追走して行き、直線では内に進路を取って脚を伸ばして、最後は同入しています。5ハロンから70秒を切るくらいのところと、時計的にはそこまで目立つものではありませんが、やろうと思えば幾らでも対応できそうな感じで、動きは相変わらず良かったですね。ただ、馬体重はジリジリ減ってきてしまっており、最新の計測で445キロです。普段からそこまで入れ込んでいる感じではないですし、飼い葉もこの馬なりには食べているのですが、それがなかなか実になってきませんね。新潟競馬場までの輸送もあるので、その点だけが気掛かりではありますが、状態は良いと思いますし、距離短縮でこの馬の持っている前向きさが良い方に活きてくれればと思っています。鞍上は未勝利戦で勝利に導いてくれた、津村騎手で投票させていただきました」(4/15近況)

助 手 14南W稍 69.0- 53.3- 38.9- 12.5 馬なり余力 ホウオウエーデル(古馬2勝)馬なりの内1.0秒追走同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル

日曜新潟5R 3歳未勝利・若手(ダ1800m)3枠4番 小沢J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日に坂路コースで時計

大久保師「当初は4月24日の新潟・芝1800mに向かう予定でしたが、節が足りず除外濃厚で、それ以降も難しい状況ですし、今週の追い切りで態勢が整ったことから、予定を変更させていただき、4月18日の新潟・ダ1800m(若手騎手)に向かうことにしました。14日の追い切りでは雨の影響で走りづらい馬場だったにもかかわらず、ラスト1ハロン12秒8で駆け上がっているように、これまでになく動けるようになっています。去勢の効果が表れるのはもう少し先だと思いますが、以前のように気難しいところを見せることもなく、走りに集中できているのは良いことですね。トモの甘さは依然あるものの、力のいる馬場でもしっかりと走れるようになってきているように、この馬なりに力を付けています。鞍上は今年3月にデビューした小沢大仁騎手に依頼しましたが、減量を活かして既に5勝も挙げていますから、バラキエルも同じように勝利へ導いてもらいたいですね」(4/15近況)

助 手 14栗坂稍 55.0- 39.7- 25.6- 12.8 叩き一杯 ミッションレール(三歳1勝)一杯に0.2秒先行0.6秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末に新潟で出走するシルクの出資馬の出走記事をまとめて。

ルージュセリーズは血統的にもっとやれると見ていた1頭ですが、デビュー2戦共に13着。ワンペースの走り+母系から、前走ではダートで巻き返しを期しましたが、馬群で揉まれるのが合っていないらしく、東京の長い直線を向く前にアップアップ。スタミナ切れというよりは集中力が続きませんでした。

前走後はNF天栄でリフレッシュし、ローカルの舞台・新潟で何とか浮上する機会を探ることに。ここ2走の走りを見ると1600mは長かったと思うので、距離を1200mに縮めるのは歓迎材料。他馬を気にしたり、集中力が続かない弱点を補うために今回からブリンカーを着用。巻き返しを期すためにやれることをやってきた印象です。ただ、追い切りの動きは一息ですし、稽古をやり過ぎて脚に疲れ・反動が出ることを嫌った為、若干追い不足の気が…。動きが冴えない点がどこまで脚を引っ張るか。

現状、1勝するのがかなり困難な状況ですが、若手騎手限定戦で西村淳Jが乗ってくれるのも有難いので、まずは五分のスタートを決め、ハナへ行くぐらいの行きっぷりの良さを見せて欲しいです。そしてゴール前まで上位争いに食らい付く走りを期待。5着以内をキープし、次走への優先権を掴み取って欲しいです。

カラパタールは前走でフェアリーSに挑戦しましたが、外枠が当たり、レース前に懸念していたように前に壁を作れず。その為、道中では行きたがってしまい、脚を温存することが出来なかった結果、15着に沈んでしまいました。まあ、これは残念ながらレース前に想定することは出来たので、個人的にはショックはなかったです。

その後はNF天栄でリフレッシュ。ただ、暴走気味に走ってしまったフェアリーSの疲れを取り除くのに一苦労。馬体の回復が一息で状態もなかなか上がってこなかったので、ここまでレース間隔が開くことに。脚元等は問題ないですが…。

帰厩後のカラパタールですが、馬体の維持に一苦労。普段からイレ込んだりはないと思うのですが、ピリピリとしたイラつきみたいなのがあるのかな? トレセンでは調教・追い切り以外はオフの状態を作ってもらわないと、レースへ行く前に消耗してしまうでしょう。今回は新潟への長距離輸送が控えているので、どこまで馬体重を維持できているかが大きなポイントになりそう。マイナス体重での出走はほぼほぼ確実でしょうが、10キロ以上減ることは勘弁して欲しいです。

距離の1200mに関しては勿論大歓迎。外枠が当たってしまいましたが、直線平坦な新潟なら辛抱して粘ってくれないかなあ。また、新潟は水はけが良いですが、雨で馬場が渋ってくれることを期待。下を気にして走ってくれれば、折り合いを付けやすいので。今回、直前まで鞍上は分かりませんでしたが、津村Jに決定。未勝利を勝ち上がった時の鞍上ですし、カラパタールを能力を引き出して欲しいです。ちょっと人気し過ぎていますが、結果は二の次で、この距離への適性を示す走りは見せて欲しいです。

前走は距離延長+ブリンカー着用で先行することができたバラキエル。レースは淡々と流れ、良い位置で回ってくることが出来たのですが、直線へ向いてGOサインが出ると、グッと伸びるような感じはなく、すぐにジリジリ後退し出すことに。タフな馬場が応えたのもありますが、距離が長かったんでしょう。9頭立ての8着に終わりました。

前走後はNFしがらきへ放牧に。回復後、節を稼ぐためにじっくり鍛えていくのかなと見ていましたが、新潟開催での出走を目指して2週間ほどで帰厩。芝のマイル~1800mを目標に調整を進めてきました。追い切りの時計や動きは少しずつ良化を辿っていると思いますが、目に見える前進はなし。そろそろ去勢効果で気持ちと体がフィットしてくれれば、少しは期待できるのでしょうが…。

また、帰厩後の調整から次走は24日の芝・1800mに一旦決まったのですが、芝だと節が必要で除外濃厚とのこと。その後の芝のレースも見通しが立たない感じなので、仕上がり自体は進んでいることから今週末のレースへ。検討の結果、日曜日のダ1800m(若手限定)へと駒を進めてきました。

速い脚に欠けるので、ダートへ替わるのは悪くないと思いますが、それ以外に良い要素が少ないのでここも苦戦を覚悟。その中で楽しみなのは新人の小沢Jが乗ってくれる点。そこまで良い馬が集まっていない中で5勝しているのは立派なので、減量を生かした前々からの競馬で少しでも上位へ粘り込んで欲しいです。