焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関東2歳牡馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アプリシティー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「4月上旬までは舎飼で様子を見ておりましたが、患部は順調に回復してきましたので、この中間からは曳き運動を開始しています。運動を始めて日が浅いことから、踏み込みが弱くて硬さも少しありますが、これらは慣れてくれば解消してくるものと思われます。イヤリングに居た時の話からは想像できないほど、日頃から落ち着いていて手の掛からないタイプですし、気性面に関しては良い意味で父の産駒らしさが無いですね。引き続き獣医には定期的に患部の状態を診てもらいつつ、今後も脚元に問題無ければ、今月下旬にはウォーキングマシンでの運動を開始していく方針です。馬体重は470キロです」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カシオン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2700m、週1回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「一時は坂路調教のペースをハロン14秒まで上げましたが、ここであまり無理をして疲れを溜めてはいけないので、現在は一旦ハロン15秒に戻しています。そうは言っても疲れた様子を見せることはなく、コンスタントに乗り込みを続けていますよ。気性的に落ち着きがあって、調教中の操作性はかなり高いですね。馬体重こそ増えてこないものの、馬体にはメリハリが付いてきて順調に成長してきているのは間違いありません。今のところ6月に入ってからの移動を目標にできるのではないかと考えていますので、そのつもりで準備を整えておきます。馬体重は431キロです」(4/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4月から北海道組も月2回の更新に。関東牡馬2頭の近況をまとめて。

除去した骨片が思っていたよりも大きかったアプリシティーですが、患部が順調に回復していることから曳き運動を開始。歩きはちょっとたどたどしい感じですが、回数を重ねていけば良い意味でシャキッとしてくれるでしょう。あと、煩い面が緩和し、落ち着きが出てきたのも好材料。馬房で暴れて怪我でもしてしまったら、大変ですから。

カシオンは坂路でハロン14秒台までペースアップしていましたが、この中間から少しペースを落とすことに。以前の更新でスクむようなことがあったと書かれていましたし、その兆候でもあったのかもしれません。早めに対策を打ったことで、落ち込みの幅を少なくできました。引き続き、馬の様子を細かく観察してもらい、体調・状態の維持に努めて欲しいです。そして動きの質を高めていけるようにお願いします。