焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

好発を決めて前々からの競馬。4角を回ってくる時の手応え・雰囲気は良かったので、直線で他馬と馬体を接する形に持ち込めればと勝ち負けできるチャンスと見ていたも、直線でインを突いたのは予想外。その後、内から伸びるシーンはあったも、有力馬の中では1番最初に失速して5着確保が精一杯。良馬場でやりたかった。★サリオス

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜阪神11R 大阪杯(G1・芝2000m)5着(3番人気) 松山J

重馬場。好スタートからスッと行き脚を付けて、道中は好位の3番手を追走します。4コーナーから促して行き、直線では内ラチ沿いを選択して脚を伸ばそうとしますが、上位とは離されてしまい、5着でゴールしています。

堀調教師「通常よりも早めにトレセンへ帰厩し、スムーズに調教をこなして迎えた大一番でしたが、残念ながら良い結果を残すことは出来ませんでした。1週前追い切りでは鞍上の松山弘平騎手に跨ってもらい、馬の反応や特性を掴んでもらった中での一戦で、レースでは好スタートから内枠を活かして先行する形となりました。道中は悪くない形で運べているように見えましたが、午後から降り続いた降雨の影響で馬場が悪化したことが想像以上に堪えてしまったのか、直線での脚色は甘くなってしまいました。悔しい結果に終わってしまったものの、厩舎サイドが重点的に取り組んできた手前替えについては、大きな問題なくこなせていたように見えましたし、そういった意味では次に繋がる部分もあったのではないかと思います。まずはレース分析並びに、馬場が悪い中でのレースになってしまい、そのダメージが出て来ることも考えられますから、よく状態を確認した上で今後について検討していくこととなります」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/9日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

堀師「先週の競馬は良い結果を残すことが出来ず、申し訳ありませんでした。やはりレース当日に降った雨の影響で、馬場がかなり悪化してしまったことが、サリオスにとっては悪い方に作用してしまいました。トレセンに戻ってよく状態を確認させていただきましたが、ウィークポイントである右トモにはさすがに疲れはあるものの、あの馬場で走った割には考えていたよりもダメージがそこまで見られなかったのは良かったです。その他の箇所にも特に異常は見られず、飼い葉食いを含めた健康状態にも問題はないものの、全体的に馬は大人しい印象で、レース前に比べて活気は落ちてしまっています。そういった状態ですから、この後は一旦ノーザンファームしがらきへ放牧に出してリフレッシュを図ることにしましたので、選出されていた香港のチャンピオンズマイル(G1)の招待は辞退させていただくことにしました。この後の大まかな目標としては安田記念が選択肢の一つに入ってくるのかなと考えていますが、あくまでも牧場での状態を見ながら今後については検討していきます」(4/7近況)

⇒⇒9日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(9日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイルCS後の放牧期間中、裂蹄が判明して少しペースダウンすることもありましたが、概ね順調にコツコツ乗り込むことが出来た効果で体質強化。帰厩後の調教・追い切りもスムーズに事が進んでいたので、1段レベルアップした感のあったサリオスがG1・4勝の両巨頭(コントレイル・グランアレグリア)相手にに改めてどこまで通用するのか期待を持ってレースを見守っていました。また、負けるにしてもこの2頭以外には先着を許して欲しくなかったです。

調整過程から少しプラス体重での出走となるのかなと見ていましたが、当日発表された馬体重は前走から増減なし。サリオス自身も賢い馬なので、自ら馬体を微調整してくれたんでしょう。また、馬体の張り・毛ヅヤも良く見えたので、きっちり仕上がっての出走だったと思います。あとは午後から降り続いた雨の影響でタフさを増した馬場がどう出るか。パワー型とはいえ緩さが残りますし、右トモに弱さを残すので、プラスに出ることはないのかなと見ていました。

レースは五分以上のスタートからスッと先行態勢へ。差しづらい馬場になっていたので、思い切ってハナヘ行っても面白かったかもしれませんが、テン乗り+3番人気に支持されていた有力馬。暴走に繋がることは出来ませんでした。道中の走りを見ると、手綱を抱えている時はノメる感じはなかったですが、勝負どころからのペースアップに対しては少しモタモタ。まあ、それでも4角を回ってくる時の手応え・勢いはライバルたちにヒケは取っていなかったので、ひょっとしたらの期待も…。そして直線では少し外目に持ち出し、ライバルたちと馬体を併せる形に持ち込んで欲しいと願いました。

しかしながら、直線で仕掛けられたサリオスは馬場の良い外目ではなく、ラチ沿いを突くことに。意図的に持っていったのか内へ刺さったのかは不明です。確かに一瞬、内から伸びてくるシーンは作りましたが、有力馬の中では1番最初に失速。5着を死守するのがやっとでした。終わってみれば、道悪の適性の差と伸びあぐねたことからも距離も長かったのかもしれません。また、レイパパレが築いた淀みない流れを気分良く追い掛け過ぎたかなあとも思います。

レース後のサリオスですが、極悪馬場で力を出し尽くしたので、ウィークポイントの右トモにダメージが残るようですが、堀師の想定内。カイ食いも問題ないようですが、活気が薄れているのも確か。香港のチャンピオンズマイルに選出されていましたが、招待を辞退し、9日にNFしがらきへ放牧に出ています。

今後については回復次第ではありますが、6月6日の東京・安田記念(G1)は視野には入っているとのこと。ここ2走のG1戦は物足りない結果に終わったので、良馬場前提ですが、安田記念での巻き返しを願うばかりです。また、サリオス自体は着実な良化が窺えたので、まだまだ力を付けていってくれると信じています。