焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

1日の朝に体温上昇。左前脚に腫れも若干生じていることからフレグモーネの診断。予定を白紙に戻し、回復に努めています。★ソレンニータ

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ(牝・木村)父ドゥラメンテ 母キャサリンオブアラゴン

2021.04.07
美浦トレセンで軽目のキャンターを消化。左前脚のフレグモーネの症状は段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は無理の生じぬ範囲で調整を続けます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○木村調教師 「フレグモーネの診断が下った後は処置を施して快方へ。4月4日(日)に薬を使った治療を終えました。7日(水)はダートで軽く動かすメニュー。飼い葉の食べ方がまだ本物ではないものの、スムーズなリスタートを切れた印象で徐々に進められそうです」

2021.04.01
3月31日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。その後に体温の上昇が認められます。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○木村調教師 「4月1日(木)の朝に体温が上昇し、明らかに元気の無い状態。左前脚に腫れも若干生じており、フレグモーネの可能性が高そうです。楽をさせる必要がある為、来週の出走が十中八九は難しいはず。まずは回復に専念し、今後の方針を決めようと思います」

2021.03.31
3月31日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。4月11日(日)中山・3歳未勝利・混合・芝1600mに丸山騎手で予定しています。

○木村調教師 「3月31日(水)は長目から追い切って併入するパターン。本数を積むに連れて段々と息遣いが良くなるなど、着実に上昇カーブを描いています。ただ、飼い葉を食べても実にならない感じ。何事にも精一杯に取り組もうとする性格も影響しているのでしょう」

≪調教時計≫
21.03.31 助手 美南W良 85.8 70.0 54.9 40.5 13.4 馬なり余力 サファル(3歳未勝利)一杯の外0秒4先行0秒4先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、予定を決めずに地道に良化を促してきたソレンニータ。追い切りでも負荷を高め、徐々に上昇カーブを描いてきていることから11日の中山・芝1600mで2戦目を迎えることが決まりました。ただ、翌日になって体温が上昇。左前脚に若干の腫れがあることからフレグモーネの診断。一旦決まった予定を早速白紙に戻し、回復に努めることになりました。

それから1週間が経ちましたが、4日まで薬を投与して回復を促し、昨日から馬場での騎乗運動を再開。動き自体は問題なさそうも、カイバ食いが一息で元気が戻ってきていません。もう少しの間は軽めの調教に止め、復調してくるのを地道に待ってもらえればと思います。