焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

東サラなお馬さん(2歳馬)

f:id:ytitle= レッドブレンナー(牡・安田隆)父ロードカナロア 母ジェイム

21.03.31
吉澤ステーブル

馬体重:466キロ
ハロン15~16秒ペースの坂路調教、周回コースにおけるキャンターを継続しています。体力面が強化されたこともあり、負荷を上げても、しっかりとした動きを披露しています。また、引き締まった好馬体をキープできている点も、心強い材料となっています。現時点ではマイル戦向きの印象を受けていますが、まだまだ変わり身がありそうで、距離適性にも変化が出てくるかもしれません。

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドデクスター(牡・橋口)父イスラボニータ 母パイタ

21.03.31
社台ファーム

馬体重:500キロ
週5回、ハロン15~16秒ペースの坂路調教を継続しています。出だしに硬いところがあることを考慮し、前運動、上がり運動を入念におこなっています。走り自体は以前よりも安定していて、最後までしっかりと走り切ることが出来ています。緩さがあった馬体も引き締まり、張り、毛艶ともに良好です。心身の状態をチェックしながら、徐々に調教強度を上げていきます。

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドカロス(牡・奥村武)父イスラボニータ 母ビジュアルショック

21.03.31
社台ファーム

馬体重:510キロ
週5回坂路に入り、ハロン15~16秒ペースで、しっかりと駆け上がっています。両前脚の腱の張りが治まり、順調に調教が進められていることで、体力面の課題もだいぶ解消されてきました。また、気性面の幼さも消えてきて、精神的にも安定しています。まだ馬体には余裕がありますが、全体的に引き締まり、メリハリが付いてきました。成長の余地も大きく、楽しみが大きい若駒です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レッドブレンナーは引き続き坂路でハロン15~16秒のところを登坂中。馬体重を維持することが出来ていますし、動き自体もしっかりしている様子。あとは目に見えない疲れにも気を配りつつ、更に負荷を高めていき、動きの質自体も高めてもらえればと思います。

レッドデクスターは前捌きの硬さがどうしても課題になっていますが、しっかり解してから調教の開始&終了へと繋いで欲しいです。内面がパンとすれば改善してくるかなと思いますが、ダメな場合はダートで期待したいです。

レッドカロスはこの中間からハロン15~16秒へペースアップ。膝裏が張りやすいところが落ち着いてきたのは良い知らせです。また、走ることに対する前向きさはありますが、心身共にまだまだ幼いので、もう少し間はマイペースで進めてもらい、幼い体型から見栄えする好馬体へと変貌を遂げていって欲しいです。