焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

土曜日(4/3)の出資馬・出走情報

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アマネセール

土曜阪神6R 4歳上1勝クラス(芝2000m)2枠2番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3月31日にCWコースで時計

茶木師「どれだけレース後の反動が出るのか見ていましたが、特に気になるところは無かったので、先週末から普通に乗り出しました。跨った感じから硬さは気にならなかったですし、精神的にも落ち着いているので、3月31日にCWコースで時計を出してみたところ、前走時よりも更に動きが素軽くなって調子が上向いていますよ。これなら時間を掛けて仕上げるより、息を整える程度で競馬に挑む方が良いと判断し、4月3日の阪神・芝2000mに投票させていただきました。引き続き福永騎手に乗ってもらえるのも強みですし、新潟の開幕週よりも適度に時計が掛かる阪神競馬場の方が合いそうとジョッキーも話していましたので、前走以上の走りを期待したいですね」(4/1近況)

助 手 31CW良 84.2- 67.8- 52.9- 38.9- 12.2 一杯に追う 

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ

土曜阪神10R 仲春特別(芝1200m)2枠2番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3月31日に坂路コースで時計

須貝師「3月31日に坂路で追い切りました。道中は追走し、途中から3歳1勝クラスのレゾンドゥスリールに併せていきましたが、最後は同入しています。想定していたより速くなってしまったものの、馬場の良い時間帯でもありましたし、最後は余力を残してこの時計で上がってくるのですから、それだけ調子の良い証拠だと思います。前回は主張する馬を気にし過ぎて慎重になってしまい、そこで力んでしまったのがすべてだと思います。とはいえ、1600mでも自分の競馬が出来ないと力を出し切れないことを考えると母のように段々と距離を短くしていく方が気分よく走ってくれるかもしれません。1400mなら前走ほど流れが落ち着くことはないと思いますし、のびのびと走れるでしょうから、福永騎手にはリズムよく競馬をしてもらいたいですね」(4/1近況)

助 手 31栗坂良 52.8- 38.9- 25.6- 12.9 強めに追う レゾンドゥスリール(三歳1勝)末強めを0.3秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土曜日(4/3)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

アマネセールの前走は約6ヶ月ぶりの実戦で、障害から平地へ戻しての1戦。特徴を掴んでいる福永Jが乗ってくれるとはいえ、苦戦するだろうなあと見ていましたが、長距離の障害戦を走ってきたことで以前よりも行きたがる面・折り合い難は緩和。前へ壁を作ることでスムーズに追走することが出来ました。そして直線ではジリジリという伸びでしたが、最後まで脚を渋太く伸びして3着へ。このクラスを勝ち上がるにはワンパンチ足りないとは思いますが、安定したレース運びで掲示板にのってくれれば、それはそれで有難いですから。

その前走をひと叩きして臨む今回。来週の新潟が本線かと見て本場いましたが、レース後の状態は良く、ひと叩きしてガス抜きが出来た感じ落ち着きも○。高速決着の新潟よりも時計の掛かる馬場の方が合いそうということで中1週のローテで使ってきました。勿論、福永Jが連続して乗れることも後押しになっています。中間の追い切りに関しては、中1週なので1本のみですが、時計も動きも上々。反動よりも前進を期待したいです。

ただ、今回はローカル場所ではなく中央(阪神)での出走。平場でも相手強化で粒の揃ったメンバー構成です。特に1番人気が予想されるダノンセレスタはこのクラスでは明らかに能力上位。10頭立てでスムーズな競馬は出来そうですが、詰めの段階で課題が残るでしょうねえ。まあ、ひとまず前走ぐらい走ってくれれば合格かなと見ています。

リアンティサージュはポンポンと連勝してくれることを期待した前走でしたが、ハナへ行けずに道中で力みまくったのが敗因。懸念していた形で負けましたが、2着馬とはクビ差。能力自体はこのクラスでも上位ということを示してくれました。

前走後はNFしがらきで1週間ほどリフレッシュを挟んで、ここへ。中3週での出走となりますが、引き続き追い切りの時計・動きは良好。ただ、31日の坂路追いでは左へモタれ気味だったとのこと。少し気にはなります。

今回は当初武豊Jに依頼していましたが、足の怪我で福永Jへ変更。スタート&折り合い面を考えると、個人的にはこの変更は良かったかなと思います。そして今回も少頭数の9頭立て。枠も内の偶数枠と良いところを引き当てました。スピード自体はあるので、距離短縮も勿論歓迎でしょう。相手関係を見ると、6枠のワンダーアフィラドが揉まれたくないのでハナへ行きそうですが、出脚は鋭いタイプではありません。スタートが決まれば、サッとハナへ行くのも悪くないでしょうし、今回は内枠なので前に壁を作ることで力みな軽減できそう。先々を見据えれば、好位で我慢できればレースの幅は広がります。逆にハナへ行けば、2走前の再現が濃厚かなと。まあ、まだまだ上を目指せるポテンシャルの持ち主なので、陣営&鞍上の考え・乗り方にお任せします。