焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳馬)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードレアル

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動10分。2月下旬測定の馬体重は461キロ。

○当地スタッフ 「今までは気分転換程度の内容だったものの、先週からしっかり動かし始めました。旋回で踏ん張った際の踏み込みが明らかに改善されるなど、術後1ヶ月半の経過としては良好と言えそう。このままネガティブな点が浮かばなければ時間を延ばします」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードリライアブル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~18秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は480キロ。

○当地スタッフ 「480キロの数字以上に身体を大きく見せる他、フットワークも実にダイナミック。そのような面からも早く千葉へ移し、1周1800mのトラックで伸び伸びと走らせたいです。移動のタイミングが近付く先発隊の有力候補。依然として14-14は楽々です」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain サンクフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~18秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は471キロ。

○当地スタッフ 「少し前の熱発については心配無し。跨ってからもネガティブな点が浮かんでおらず、順を追ってピッチを速めてハロン14、15秒ペースも交えています。結果的には丁度良い骨休めになった印象で、元気一杯に稽古に励んでいる感じ。順調そのものです」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードオルデン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~18秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は451キロ。

○当地スタッフ 「順調にメニューをこなしているものの、ここ最近は飼い葉をほぼ毎日残しています。馬自身に疲れた素振りは全く認められず、むしろ速いペースで走りたくて仕方が無いぐらいにエネルギッシュ。右前脚に出始めたソエにも十分に注意を払いましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアラビアン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000m。2月下旬測定の馬体重は494キロ。

○当地スタッフ 「すっかり回復を遂げており、捻挫を起こした右前脚球節については大丈夫です。ただ、疲労の蓄積に因って腫れが生じた可能性も考えられるだけに、大事を取ってメニューを据え置く形。慎重に様子を探りつつ、徐々に元のトレーニングへ近付けます」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラプソディ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~18秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は502キロ。

○当地スタッフ 「ハロン14秒レベルも当たり前に対応。段々と余裕が窺えるように変わるなど、確かな進歩が感じられるのは何よりです。また、3月から2本の登坂をこなすパターンも。ダートコースのインターバル調教の開始に備え、心肺機能の強化を図っています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レアルは騎乗運動再開までまだまだ時間は必要ですが、術後の経過はひとまず良好。このまま患部に悪影響が出てこないことを願うばかりです。

リライアブルは定期的に速いところをやっても、クタッとすることなく上々の動きを披露。血統から奥行き(成長力)があるかとなると半信半疑も、今の雰囲気ならデビュー戦からそこそこ人気を集めることでしょう。また、ある程度、動くことが分かったので、長目の距離を乗り込むことで早めに心身の成長を促すことも意識してもらいたいです。

前回の更新で熱発から少し調教を休むことがあったサンクフィーユですが、大きな落ち込みを回避し、ハロン14~15秒ペースの調教を消化中。良い方に捉えれば、リフレッシュできたかなと思います。また、今月3日に満口となっています。

個人的には早めに一息入れて、余裕を持たせてあげたいと思っているのがオルデン。カイバを残す日が続いているようですし、馬体重を維持するのがやっとという状況は回避しないといけません。やはりしっかり食わし込むことで成長が伴う訳ですし。走ることへの旺盛な前向きさは評価できますが、鞍上の指示に従わず、自由気ままに走るようになっては困ります。鞍上の指示に従順となるよう、今の内にしっかり躾けておいて欲しいです。

前回の更新で右前脚球節を捻挫したと言われたアラビアンですが、腫れは早々に引きましたし、その後の不安は見当たらず。ただ、疲れから腫れが出た可能性もあるので、ゆっくり調教メニューを戻していくようです。これには賛成です。

ラプソディは馬体に緩さを残す中でも、ハロン14秒の調教に対して、順当に慣れてきている様子。やはり心肺機能は高レベルのものを持ち合わせていそう。大化けする可能性を秘めていると思うので、無理のない範囲で速い調教を取り入れる一方で、長目を乗り込むことで確かな下地を作っていって欲しいです。