焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(手塚厩舎・NF天栄組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週の登坂回数は週3回だけですが、脚元を含めて疲れが出ることなく調整することが出来ていますよ。もうしばらくはこちらで乗り込んでいくことになると思いますが、脚元の状態には気を付けつつ、今の感じを維持しながら進めていきたいですね。馬体重は518キロです」(3/19近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も背腰の状態を維持しながら進めることが出来ていますし、このまま14-13中心のメニューへ移行していき、状態を整えていきたいと考えています。馬体重は486キロです」(3/19近況) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週3回or週4回と坂路入りにバリエーションを付けながらも、脚元等に不安は出ていないアナンシエーション。2回東京開催へ向け着々と態勢は整っていますが、ここで油断は禁物。無事厩舎へ送り出すまでは、小トラブルにも目を光らせておいて欲しいです。

ルージュセリーズは週3回の登坂を行い、その内1回は終いを13秒台まで伸ばすように。この雰囲気ならアナンシエーションとよく似た時期にに次走を迎えることが出来るのかなと思います。ただ、背腰の疲れは完全に抜けていないので、日々のケアは引き続き入念に行ってもらい、状態をグングン上げていってもらいたいです。