焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・関西牡馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain コンジャンクション(牡・池添学)父ルーラーシップ 母グリューネワルト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本+周回コースで軽めのキャンター2700m、週2回屋内坂路コースで15~18秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も前月と同様のメニューで進めており、回数につきましてはその週の状態に合わせながら流動的に行うようにしています。現在は週3回坂路でハロン15秒の調教を続けていますが、以前は最後の方で苦しくなるとウッドチップに脚を取られてバランスを崩すところが見られたものの、今では最後まで良い手応えで駆け上がってくれるようになりました。課題としていた前重心のフォームも、普段から出来るだけトモを使わせるように意識して調教に取り組んでいることで、徐々に起きてバランスよくなってきましたので、引き続きその辺りを重点に置きながら進めていきたいと思います。時期的なことから冬毛がまだ残っていますが、段々と毛艶が良くなり、それに筋肉量が増えて体の張りが増してきました。見た目の良さは抜群ですが、心身ともに幼くまだ中身が伴っていないところがあるので、馬の状態に合わせながら良化を促していきたいですね。でも、それだけ成長の余地があると言うことですから、今後も課題を一つずつクリアしながら、本州への移動に備えて更なる良化を促していきたいと思います。馬体重は483キロです」(3/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ(牡・松下)父トーセンラー 母バシマー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1~2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間の調教メニューに大きな変化はありませんが、坂路調教のペースをハロン15秒に近いところまで上げています。ハロン15秒台になってくるとまだ対応しきれないですし、筋肉量が乏しいこともあり、周回コースでのキャンターでは自分でバランスを取って走ることができていませんので、まだまだこれからかなという印象です。普段の様子は大人しく、割と扱いやすいのですが、調教中は様々なことに敏感で緊張しやすい面があります。日によっては急に妙な動きをしたりするので、なかなか乗り手を悩ませてくれますよ(笑)。でも、最近はそれも頻度が減ってきており、以前よりは精神面の成長があるのかなと感じています。まだまだ緩さの目立つ本馬ですが、この馬なりに良化してきて、ようやく肩回りなどに筋肉のスジがほんのり見えるようになってきました。ただ、やはり今のペースではしんどいのか、飼い葉食いにやや陰りが見られます。上手く休みを挟みながら進めていき、体力と筋肉をしっかりと付けていきたいですね。現状の調教メニューへの適応度などを鑑みますと、あまり慌てずに秋以降のデビューを目標にするのが良いのかなと考えています。とにかく未完成の部分が多いですが、その分今後の変化が楽しみになりますね。これはあくまでも個人的なイメージですが、適性は芝のやや長めの距離で、中団で折り合い末脚を活かして差し切るといった形で良さが出るのではないかと、勝手に妄想を膨らませています(笑)。馬体重は452キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路調教では最後の踏ん張りに欠けるところがあるコンジャンクションですが、迫力あるフォームで駆けているので、トモの強化と共に課題点は良い方へ向かっています。馬っぷりの良さは褒めてもらっているので、中身が充実してくるように継続して乗り込んでいってもらえればと思います。

カルトゥーシュは課題が満載。見た目は父を彷彿とさせるものがありますが、とにかく心身の成長を促すことを最優先し、怪我することなく与えられた調教メニューを淡々と消化していってもらえればと思います。デビューが多少遅くなるのは問題ありません。