焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【近況】【競走馬名決定】オリーヴベリー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain オリーヴベリー(牡・武市)父リオンディーズ 母ウインフロレゾン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は週3回坂路調教を行い、そのうち1回は終いハロン14秒までペースアップしています。ハロン15秒にも徐々に慣れてきてまずまずの動きを見せるようになり、ハミにもたれて走っていたところも、だいぶ改善されてきましたので、更にペースアップを図っているところです。調教では相変わらず気持ちが入りすぎてしまうので、なるべく宥めつつ、徐々に運動量を増やすようにしています。体調面に問題はありませんが、少し飼い葉を残すようになってきましたね。また、相変わらず冬毛も目立ちます。でも、脚元等に問題はありませんし、5月生まれとは言えここまで順調に進められていますので、この調子で早期デビューを目指していきたいですね。馬体重は452キロです」(2/1近況)

※競走馬名が決定しました。(5日・最新情報より)

競走馬名:オリーヴベリー
欧字表記:Olive Berry
意味由来:オリーヴの木。母名より連想

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オリーヴベリーに競走馬名が決まったウインフロレゾンの19。遅生まれで、まだまだ華奢な馬体。冬毛がなかなか抜け切らないように内面の途上差が目立つ現状。ただ、調教に関しては前向きに取り組めているのは○。走ること自体は好きな馬だと思います。あとはハミ受け・フォームなど色々手直ししながら、道中で力むことなく追走でき、末脚の切れる馬に育ってもらいたいです。逆に力む面が目立つと、スプリント戦で1本調子の走りをするしかない馬になってしまうでしょう。

早期デビューも視野に入っているようですが、個人的には反対。順調にここまで来ている有利性を生かし、ここから1~2ヶ月はマイペースを貫き、もっともっとレベルの高いところで走れるように操縦性を高めたり、心身の成長を促して馬体のボリュームアップを図ってもらいたいです。