焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

小倉への輸送をクリア。最後の直線でひと伸びすることは出来なかったも、ダートからのスタートでスッとレースの流れに乗れたのは収穫大。そして最後まで諦めることなく、ジリジリ脚を伸ばして5着に食い込む。こういうレースを続けていけば勝つチャンスは出てきそう。☆グレイシャーパーク

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グレイシャーパーク(牝・高橋忠)父Dawn Approach 母カリスペル

日曜小倉1R 2歳未勝利・牝馬(ダ1700m)5着(9番人気) 斎藤新J

まずまずのスタートからスッと2番手に付けて流れに乗ります。3コーナー手前から押し上げて行き、最後の直線で外からジリジリ脚を伸ばすと、上位馬を捉え切るところまで行かなかったものの5着と掲示板を確保しています。

高橋義忠調教師「小倉競馬場までの輸送も問題なく落ち着いていましたし、前走から2キロ増で出走させることが出来ました。前回の競馬は追走で忙しい感じでしたので、この条件を試してみましたが、スッと良いポジションで流れに乗ることが出来ましたね。レース後、斎藤新騎手にどうだったか確認したところ、『前回1400mを使っていることもあり、スッと二の脚が付いて良いポジションに取り付けることが出来ました。早めに勝ち馬が上がってきましたが、それに付いていくと終いの脚が鈍くなると思い、ワンテンポ遅らせて仕掛けて行きました。最後までジリジリ伸びてくれましたし、2着馬とはそこまで差はないですから、メンバー次第ではチャンスがありそうです。この条件も合っていると思いますよ』と話していました。前走に比べスッと先行出来たように、ダートスタートも良かったと思いますし、ジョッキーが話しているようにこの条件ならメンバー次第でチャンスがありそうですね。優先出走権を獲りましたので、問題なければ続戦させたいと思いますが、トレセンに戻って状態をよく確認してから判断させていただきます」(レース結果) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:3月6日の小倉・ダ1700m・牝(斎藤新J)

高橋忠師「小倉競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでした。長距離輸送の影響もなく、この馬なりに飼い葉を食べていますし、入れ込むこともなく落ち着いています。このまま問題なければもう一度小倉競馬場で使いたいと考えていますが、中1週だとさすがに心身ともに厳しいでしょうから、今週いっぱいは軽めの運動に控え、3月6日の小倉・ダ1700m・牝に引き続き斎藤新騎手で臨みたいと考えています」(2/17近況) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牝馬なので、小倉への長距離輸送で馬体重が減ってしまうことを懸念したグレイシャーパークですが、プラス2キロでパドックに登場。目立つ気配ではなかったですが、疲れは感じさせず、悪くない仕上がりだったと思います。

また、芝スタートではトモがパンとせず、スッとレースの流れに乗れないところを見せていましたが、ダートをぐるっと回ってくる今回は五分のスタートから少し促していくと二の脚が付いて先行策へ。1角を回る時は外目の2番手まで押し上げることが出来ました。そして向正面に入ると、このレースを勝つことになるギブミーラブが外の3番手からスッと逃げ馬に並び掛けていって、グレイシャーパークは内目の3番手の位置へ。外から被せられる形になって少しフワッとする素振りはありましたが、揉まれる形になっても辛抱できていたと思います。そして4角を回って最後の直線へ。

勝ち馬の外へ出した際、少し突き放される形になりましたが、斎藤新Jの鞭が入ると、一瞬グッと反応して伸びる素振り。前を行く2頭を追いかけていく気持ちが見えたのは良かったです。ただ、力を突き切っていない現状ではそこからひと伸びすることはできず。それでもパタッと止まることなく、ゴールまでジリジリ加速。3着以下は混戦となりましたが、何とか5着に踏みとどまり、3戦目にして初めて次走への優先権を手にすることが出来ました。地味ながらも1戦毎に着順を押し上げていますし、今回のレース内容は良かったです。こういうレースを続けていって、心身共に成長を遂げていってくれれば、勝ち上がるチャンスは出てくるでしょう。

レース後のグレイシャーパークですが、脚元等に異常はなし。次走ですが、再度この条件を使いたいということで来月6日の小倉・ダ1700mへ向かう予定です。ガラッと良くなることはないですが、慣れは十分見込めるでしょう。また、牝馬とすれば気性面の安定している馬なので、在厩調整が原因で着順を落とすことはないと思うのですが…。まあ、それでも十二分に回復を図ってから、逆算した仕上げで万全の状態へ持っていって欲しいです。