焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

初めての連戦でマイナス8キロ。見た目以上にイラついていた様子。五分のスタートから好位を確保して流れに乗れたまでは良かったも、直線でGOサインが出た時には体力面で余力なし。追われてフットワークはバラ付くも、気持ちは切らさずに7着に踏み止まったことは一定の評価はしたい。★ノワールドゥジェ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ(牝・宮田)父ハーツクライ 母プチノワール

土曜東京5R 3歳未勝利(芝2400m)7着(3番人気) 横山武J

メンコ外す。スタートをしっかりと決めると、促して好位を追走します。勝負所でも良い手応えでしたが、直線へ向いてからはジリジリとしか脚を伸ばせずに、7着で終えています。

宮田調教師「レースへ向かうまでの一連の流れで気性面は問題ありませんでしたから、予定通り今日はゲート裏でメンコを外しました。すると、適度に気合が乗って良い雰囲気だったことで、スタートはとても良くなりましたね。理想的なポジションに収まって、直線では前が開いたところから伸びるだけだったのですが、追ってから思ったほど伸びが見られませんでした。今日の感じからすると、この距離で正攻法の競馬だとまだ体力的にも厳しいのかもしれませんね。騎乗した武史(横山武史騎手)は『メンコを外して反応が良くなっているのは確かですし、立ち回りのセンスが良くなってきているのも収穫です。ただ、2走前のように追ってから長く良い脚を使えませんでしたから、現状は後ろから行って末脚を活かす方が合うのかもしれません』と悔しそうな表情でコメントしていました。続けて使ってきましたから、この後は一息入れる方向で考えていますが、まずはトレセンで馬体をよく確認しておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出脚良く好位のイン。勝負どころもついて回れたが、直線を向いたところでもう余力がなかった。馬体はいいが、まだ力がつき切っていない感じ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:9日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

宮田師「東京開催を狙って続戦させましたが、結果を残せずに申し訳ございません。ただ、収穫のあるレースだったと思いますし、この馬にとっては良い経験になったでしょう。トレセンに戻ってきて馬体を確認すると、それなりにダメージがあるようで、特に左前の繋から球節にかけて腫れが出ました。それでもレントゲン検査では骨には異常はありませんし、一過性の疲れだと思います。また、腹回りなど馬体も寂しく映りますので、当初の予定通り一度牧場へお戻しさせていただきました」(2/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

結果を残している東京戦へ向け、初めて在厩調整で臨んだノワールドゥジェ。馬体重は増えることはないと思っていて、どれくらい維持できているかと注目していましたが、マイナス8キロでの出走。やはりお腹回りは寂しくなっていましたし、パドックでは落ち着いていたというよりは少し元気がないようにも見えました。

返し馬の映像は見ていませんが、レース直前のノワードゥジェの姿を見ると、首の周りを発汗しており、タオルで拭うところが映っていました。イレ込むところまではいっていないも、見た目以上にテンションが高まり、イラついていたんでしょう。

レースでは馬群で揉まれ込むと嫌だなと考えていたので、1角までにスッと前目の位置をキープ。ラチ沿いを走らすことになりましたが、外からのプレッシャーはさほどなかったと思います。ただ、思っていたよりもレースは流れていたかも…。

勝負どころでもインでじっとしていたノワールドゥジェは直線を向いてから進出を開始。鞍上のGOサインが出て、少し外目に持ち出すも、いざ追われてからが案外。何とか直線を向くまで耐えてくれましたが、そこからもうひと踏んばりするような余力はなし。疲れ・体力の限界からフットワークがバラバラになっていました。そんな状態でも7着に止まったのは、気持ちは切れていなかったんでしょう。距離に関しては2000mまででしょう。

レース後のノワールドゥジェですが、疲れ・ダメージは連戦したので出ていて、左前の繋から球節にかけて腫れを確認。レントゲン検査では骨折等の診断は下らず、レース中に捻挫したということもなく、疲れからくる一過性のものみたいです。今のところ大事に至らず、ホッとしています。そして早速9日にNF天栄へ放牧。引き続きは入念な脚元のケアに努めてもらい、細くなった馬体をしっかり時間を設けて回復させて欲しいです。そして次走へ向けてゆっくり始動していって欲しいです。おそらく中山開催はパスすることになるでしょうから、4月下旬から始まる東京開催へ向け、心身の成長を促しながら態勢を整えていってもらえればと思います。コツコツ乗り込みながら、馬体にボリューム・幅が出てきて欲しいものです。