焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

3日の追い切りは上々も、予定がちょっと狂って、しっかり負荷を掛けることになったので中京への輸送でイレ込みが心配。また、前に壁を作りにくい外枠に入ったのも嫌。距離にも不安が残ると克服すべき課題が続々。ゲートをソロッと出し、まずは後方で折り合いに専念。そして追い込み一手の末脚勝負に徹して欲しい。★ドゥラモンド

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

日曜中京11R きさらぎ賞(G3・芝2000m)8枠10番 岩田望J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に南Wコースで時計

手塚師「3日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は古馬3勝クラスのムスコローソを追い掛ける形で進め、直線ではスッと脚を伸ばして同入しています。ドゥラモンドには体重の軽い乗り役が跨っていたとは言え、格上馬よりも余裕のある手応えで走り切ることが出来ていましたね。小脚を使える馬なので、元々ウッドチップでは軽快な脚捌きで走れるタイプですが、それでも動きはしっかりとしていて良かったですし、そういった意味では今の荒れた中京競馬場の馬場も苦にすることなくこなしてくれるはずです。距離については道中の折り合いが鍵になってくると思いますが、克服できれば今後が楽しみになりますし、そうなる様な走りを見せて欲しいですね」(2/3近況)

助 手 31美坂良 56.1- 40.5- 25.8- 12.3 馬なり余力
嶋 田 3南W稍 68.2- 53.0- 38.3- 12.5 馬なり余力 ムスコローソ(古馬3勝)直一杯の内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京12日目(02月07日)
11R きさらぎ賞(G3)
芝2000メートル 3歳OP 特指 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジャンカルド 牡3 56.0 和田竜二
2 2 ラーゴム 牡3 56.0 北村友一
3 3 ヨーホーレイク 牡3 56.0 武豊
4 4 ダノンジェネラル 牡3 56.0 川田将雅
5 5 タガノカイ 牡3 56.0 泉谷楓真
6 6 トーセンクライマー 牡3 56.0 荻野極
6 7 ショウナンアレス 牡3 56.0 松山弘平
7 8 アクセル 牡3 56.0 柴山雄一
7 9 ランドオブリバティ 牡3 56.0 三浦皇成
8 10 ドゥラモンド 牡3 56.0 岩田望来
8 11 アランデル 牡3 56.0 池添謙一

○手塚師 「前走はレースが開いて、ゲート練習をしながらの調整だったし、速い流れで追走に手間取っていた。今週は時計のかかる馬場で予定通りの調整ができていい動きだった。2000mは何とも言えないが、この相手でも差はないと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新馬・特別戦を連勝し、前走はG1の朝日杯フューチュリティSへ挑戦したドゥラモンド。牧場で丹念に乗り込まれたことで馬体はパワーアップし、追い切りでも動くようになり、成長を感じさせる中での挑戦でしたが、ゲート練習に力を注いだ分+関西圏への長距離輸送でもう1つ攻めきれなかった感も。また、レースではスタートで若干後手を踏んだ後、我慢させて欲しかったところ、内枠を利してポジションを押し上げようとすると、他馬と軽く接触してしまってエキサイト。道中は少し力んだ走りになってしまい、速い流れということもあって脚が溜まらず。最後の直線ではジリジリと頑張ってはいましたが、坂を駆け上がるところで疲れてしまいました。持ち味を発揮できない中で7着なら頑張っている方だと思います。

その後はNF天栄で再調整。タフなレースになったので疲れ・反動を心配しましたが、回復は順調で、緩めることなく週3日坂路で14-14を消化。脚元や状態を気にすることなく鍛えることができているのはドゥラモンドの強み。これまでの戦績・ローテから3歳はマイル路線を歩むのかなと見ていたら、緒戦に選んできたのがここ中京のきさらぎ賞きさらぎ賞といえば芝1800mのイメージが強く、今回は芝2000mだということに気付くのが実際少し遅れました。今後のローテを決める意味でここへ挑戦してきたんだと思いますが、パワーアップしてきた分、折り合いに難しさが出てきたので、前走から2ハロン一気に伸びるのはどうか。正直楽ではないと思います。

帰厩後の調教・追い切りですが、ちょっと帰厩する日が遅かったのでレース2週前追い切りにあたる先月21日のWコースでの追い切りが初時計で軽め。週末も時計を出していますが、1週前追い切りの27日の追い切りでは相手が思ったよりも動かなかったことで予定よりも軽い負荷に。その分を3日の追い切りで取り戻そうと、3勝馬相手に追走併入。タフなチップでもシャープな脚捌きでしたし、迫力は十分。タフさを増している今の中京コースは苦にしないと思います。

ただ、最終追いで負荷を高めないといけなくなったことで中京への輸送でイレ込まないかが1つ心配。また、外枠に入ってしまったので、前に壁を作りにくい状況。岩田望Jはシンザン記念で外枠に入ったロードマックスで見事に引っ掛かっていたので不安は尽きません。距離にも1つ不安というか課題があるので、ゲートをソロっと出して、腹を括ってまずは折り合いに専念して欲しいです。そして勝負どころでもジッと我慢して、直線で外へ出せるように準備だけしておいてもらい、直線を向いてから仕掛けるぐらいで十分かなと見ています。重賞だと勝ちたいという気持ち(1つ取りたい)が出過ぎる岩田望Jなので、人馬共に力んでしまうことで墓穴を掘らないことを願うばかりです。