焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ひと叩きして追い切りの動きに余裕が出てきたのは○。久々を叩いた上積みは見込めるも、今回は逃げ・先行したい馬がチラホラ。枠は良いところを引きましたが、楽な展開は見込めず。今回も厳しい結果が待っていそうも、その中で少しでも次走以降に期待が持てる走りを見せて欲しい。★ロードダヴィンチ


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト
1月23日(土)中山8R・4歳上1勝クラス・混合・ダ1800mに木幡巧Jで出走します。1月20日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は14時05分です。

○新開調教師 「1月20日(水)は僚馬を誘導して最後だけ併せるパターン。終始安定したフットワークで駆けており、なかなか良い雰囲気を保っていると思います。一叩きの上積みが感じられるだけに、前進に期待を寄せたいところ。いつも通りに先行力を生かしましょう」

≪調教時計≫
21.01.20 助手 美南W良 70.4 55.5 41.4 13.8 馬なり余力 ひと叩き良化示す トゥーフェイス(3歳未勝利)馬なりの外0秒4先行同入走は14時05分です。

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山7日目(01月23日)
8R 4歳上1勝クラス
ダ1800メートル 混合 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ドノスティア セ4 56.0 内田博幸
2 2 ロードダヴィンチ 牡6 57.0 木幡巧也
3 3 ヌンカプト 牡4 56.0 大野拓弥
3 4 アシェットデセール 牡4 56.0 武藤雅
4 5 アイスナイン 牡4 56.0 吉田豊
4 6 クリノクーニング 牡6 57.0 江田照男
5 7 チュウワジョーダン セ4 56.0 三浦皇成
5 8 コスモオリ 牡4 56.0 柴田大知
6 9 グーガルドリームズ セ4 56.0 嶋田純次
6 10 ハイエストエンド セ4 56.0 田辺裕信
7 11 サンビュート セ4 56.0 北村宏司
7 12 アメリカンフェイス 牡4 56.0 C.ルメール
8 13 サトノレガリア 牡4 56.0 横山武史
8 14 パーセプトロン 牡4 56.0 田中勝春

○ 新開師 「久々を1度使った上積みは見込める。今回はもう少し粘りが増すと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚の繋靭帯炎で復帰に時間を要したロードダヴィンチ。前走は約11ヶ月ぶりの出走となりましたが、中京への輸送で絞れたのかもしれませんが、マイナス10キロでの出走と太目感なし。レースでは積極果敢に逃げの手に出て、最後の直線を向くまで頑張ってくれましたが、2番手からアッサリ抜け出した勝ち馬に交わされると、直線では失速。脆さも出たと思いますが、見た目はスッキリ仕上がっていても、久々でビシッとやれない現状。中身が伴っていませんでした。

その後は在厩調整でここへ。本当はダートの中距離(1700m)が多く組まれている小倉へ連れて行きたいところですが、滞在競馬だと芝かダートでの追い切り。脚元に不安を抱えるこの馬にはリスキー。中山に絞って調整してきました。

前走後の追い切りですが、再開当初は軽めの内容でしたが、17日のWコースでの追い切りはやや強めに。時計は悪くありません。そして直前は70-40のペースと無理のないもの。フットワークは安定しているとのことで余力を残しているのでしょう。ひと叩きして中身は伴ってきた感じで1~2歩前進は見込めそう。枠は1枠2番と先行するには絶好のところを引き当てたので、五分のスタートから今回も逃げたいところ。ただ、ここはスタート次第でハナを主張したい馬がチラホラいるので、内でモタモタしてしまうと、揉まれ込んで万事休すかも。

ひと叩きして状態アップは叶っていますが、前走の失速ぶりは急でしたし、今回も粒の揃ったメンバー構成を考えると、上位進出は簡単ではありません。おそらく今回も厳しい結果が待っているかと思いますが、その中で少しでも次へ明るい光が射し込むような走りを見せて欲しいです。