焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

牧場での調整がスムーズに行き、良い状態でレースへ臨めそうも、少しパンとしてきたことで走りに力みが出てきた感じ。大外枠を引き当て、前に壁を作ることが出来なければ、厳しい結果が待っているかも。ここは鞍上の手腕に託すのみですが、連続して二桁着順に終わることだけは避けて欲しい。★ポレンティア


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

日曜中山7R 4歳上1勝クラス(芝1600m)8枠16番 C.ルメール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計

田中博師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はポレンティアが4馬身ほど先行して、最後は古馬2勝クラスの馬を相手に、1馬身半ほど先着して終えています。先週の時点でおおよそ馬体は仕上がっていますので、微調整程度に控えたのですが、先週と同様に非常に前進気勢が強くなっています。少し怒りながら走っているような感じで、フットワークに弾みが無いのが気になりますね。実戦でもその点は注意深く見ておかないといけないでしょう。ただ、右に張る面は先週よりも幾らか解消されてきた印象です。調教での走りには課題が残るものの、今回は芝に戻りますので、前走のように進んでいかないことは考えにくいですし、昨年のフェアリーSで3着と中山のマイル適性もありますからね。加えて、現状の折り合い面を考えるとルメール騎手に乗ってもらえるのも良いでしょうから、彼の手綱捌きにも期待しています」(1/14近況)

助 手 10美坂良 60.8- 43.7- 28.2- 14.1 馬なり余力
調教師 11美坂良 58.1- 43.1- 28.3- 14.1 馬なり余力
助 手 13美坂良 59.8- 44.4- 29.1- 14.3 馬なり余力
助 手 14南W良 53.8- 39.4- 12.7 馬なり余力 プレゼンス(古馬2勝)強めの外0.8秒先行0.3秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山6日目(01月17日)
7R 4歳上1勝クラス
芝1600メートル 混合 定量 発走13:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 バルトリ 牝4 54.0 横山武史
1 2 ヤマニンエルモサ 牝4 51.0 小林脩斗
2 3 アドマイヤチャチャ 牝4 54.0 酒井学
2 4 セイウンヴィーナス 牝4 54.0 田辺裕信
3 5 ドリームメッセージ 牡4 56.0 丸山元気
3 6 コスモミローディア 牡5 57.0 柴田大知
4 7 カップッチョ 牡4 56.0 杉原誠人
4 8 シャワークライム 牝5 55.0 石川裕紀人
5 9 シャルロワ 牝4 54.0 幸英明
5 10 コスモスタック 牡4 56.0 津村明秀
6 11 シベール 牝4 54.0 三浦皇成
6 12 カフェサンドリヨン 牝4 54.0 北村宏司
7 13 レッドアダン 牡4 56.0 M.デムーロ
7 14 ヴィクトワールメイ 牝5 55.0 丸田恭介
8 15 シーサンプーター 牝4 51.0 原優介
8 16 ポレンティア 牝4 54.0 C.ルメール

○穂刈助手 「以前より体質の弱さが改善されて中間は乗り込めている。前走の敗戦をいかして立て直したので、芝で改めて期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一息入って、初めての古馬との1戦となった昨夏の遊楽部特別はちょっと崩れてしまいましたが、立ち回りの上手さを生かして堅実な走りを続けているポレンティア。ただ、勝ち切るとなるとワンパンチが足りず、少しモヤモヤする中で、前走は新味を求めてダートへ挑戦。柴田善Jの進言がありましたし、個人的も前脚を叩きつける走法+大型馬+攻め駆けタイプと点からガラッと大変身まで想像したのですが、まさかの追走手一杯で終わってしまうとは…。陣営はダートの適性がなかったと判断しましたが、パドックで尾を上げる素振りを見せ、フケの兆候があったようにも感じましたし、新潟戦で好走後に在厩調整で臨んだことによる目に見えない疲れ・反動が残っていたと思うのです。個人的には放牧明けのリフレッシュが叶った状態でもう1度チャレンジして欲しいと思いはあります。

前走後は茨城県・リバティホースナヴィゲイトを経由してNF天栄で再調整。これまで牧場時の乗り込みがスムーズに進んでいかない時もありましたが、今回は頗る順調。体質面は徐々に強くなってきています。

そして昨年のクリスマスイブに帰厩してきたポレンティア。丹念に時計になるところを乗られていますが、内面が幾らか強化されたことで前向きさが強調。走りたい気持ちがあるのは悪くないですが、今回はレースでの折り合いが1つ鍵になりそう。道中、前に壁を作って走らせたいところですが、大外枠が当たったのは大きな試練。ただでさえトリッキーなコースですし、力んだ走りになってしまうと直線で垂れてしまいそう。このような傾向が続くと、ゆくゆくはスプリンターとして育てていくしか道がなくなるかもしれません。

今回、C.ルメールJを鞍上に迎えてくれたのは嬉しいですし、勿論好走の期待は持っていますが、今の中山の馬場が合うかどうか。昨年、同時期のフェアリーSで3着と頑張っているので大丈夫かなとは思いますが、歩様に硬さのある馬なので馬場の傷みを気にして前へ進んでいかない可能性もあります。まあ、あとは鞍上の手腕に託すのみですが、大外枠の不利・試練をどう捌いてくるか。前走では10着(11頭立て)と大きく負けているので、連続して二桁着順に終わってしまうことだけは何とか避けてもらいたいです。