焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(明け2歳・関東牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グローリアスデイズの19(牝・中舘)父ドレフォン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から坂路コースの2本目のペースをハロン15秒まで上げていますが、手応え抜群に登坂しています。まだハミに頼りがちではありますが、推進力のある走りで登坂しています。キャンターの動きにもまだまだ余裕がありますし、背中の感触は引き続き良いものがありますよ。馬体は引き締まってきてトモに筋肉がつき競走馬らしい体型に成長しつつあります。体全体に健康的な張りと艶もあり、一目見るだけでも体調面が良好であることがわかる程です。精神面についても引き続き落ち着いていて、コース内や厩舎からコースまで移動している時でも場所に関係なく落ち着いていますよ。現状、課題がないのが課題といえるほど、順調にきていますね。移動してきてからここまで予定通りに調教を積むことができました。来週は1週間リフレッシュを行い1月中旬から乗り運動を再開し徐々にペースを戻していく予定ですす。馬体重は484キロです」(12/31近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モシーンの19(牝・木村)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も順調に調教を続け、坂路調教のペースを日によってハロン16秒まで上げるところまで進めていましたが、現在はリフレッシュ期間でペースを落としています。坂路コースでは相変わらず行きっぷりが良いですし、それでいて折り合いも付くので、とても乗りやすいですよ。まだ緩さを残すものの、バネがありそうな背中をしていて好感触です。ただ、精神面に少し難しいところがあるので、悪い方に向かないよう慎重に手をかけていこうと思っています。その一方、馬房内ではとてもリラックスして過ごしているのは何よりですね。馬体の方は、体重こそやや減っているものの、キ甲が抜けてきて成長を感じていますし、張りがありコンディションは良好で、脚元にも特に悪いところはありません。ただ、右トモの引きつけに、日によって差があるので、そこは気を付けて見ていく必要があるでしょう。体力的には余裕があるので、今後もペースアップを図っていこうと思いますが、精神面と右トモの状態には特に注意して進めていきます。馬体重は461キロです」(12/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グローリアスデイズの19は『課題がないのが課題』と言われるほど、順調に来ていますが、完成度が高いだけで、伸びシロという面ではどうなのか。父自体も未知数ですし、強い馬が出てくるまでにデビューして、アドバンテージを生かしたです。

モシーンの19は引き続き順調で走ることに対しての評価は変わらず高いですが、それと共に精神面の難しさも毎回指摘。この課題克服はそう簡単には行かないでしょうから、まずは気難しさがこれ悪化することは絶対避けて欲しいです。また、右トモに少し弱さがあるようなので、こちらも日々の入念なケアで解消できるように持っていって欲しいです。