焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

未勝利を勝ち上がったばかりで、いきなり重賞で通用するとはちょっと思えず。1ハロンの距離延長も大きな課題。引っ掛かる恐れがあるので前に壁を作りやすい内枠が欲しかった。好走のイメージがなかなか沸きませんが、鞍上の手腕には大いに期待。★カラパタール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール(牝・池上)父カレンブラックヒル 母ロッシェノワール

月曜中山11R フェアリーS(芝1600m)7枠13番 横山武J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日に南Wコースで時計

池上調教師「この中間も南Wコースと坂路コースを併用しながら、問題なく調整を進めることが出来ています。7日には南Wコースで併せて追い切りを行い、道中はカラパタールが追走して行き、直線で内に進路取って脚を伸ばして、最後は同入しています。レースでの騎乗を依頼している武史(横山武史騎手)に跨ってもらいましたが、乗り手の腕が良いからか、メンコを着用したのが良い方に向いたのか、他馬の後ろで我慢する形になりながらも、折り合いはしっかりと付いていて、走りもスムーズでしたね。全体時計は5ハロンから72秒台とやや遅くなってしまいましたが、オーバーワークになるのは避けたかったですし、特に心配する必要はないでしょう。直線も相手の動きに合わせるくらい余裕を持って走れていましたし、武史も好感触を掴んでくれたようで、今週の競馬が楽しみになりましたね。初重賞で相手も揃いますし、そう簡単な競馬にはならないでしょうが、調教の感じからは状態の良さを感じますから、この春に期待を持てるような走りを見せてもらいたいですね」(1/7近況)

助 手 3美坂良 58.1- 41.7- 27.0- 13.3 馬なり余力
横山武 7南W良 72.0- 56.1- 41.5- 13.0 馬なり余力 トーセンポラリス(三未勝)馬なりの内0.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山4日目(01月11日)
11R フェアリーS(G3)
芝1600メートル 3歳OP 特指 国際 牝馬 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ベッラノーヴァ 牝3 54.0 丸山元気
1 2 プリティインピンク 牝3 54.0 山田敬士
2 3 アトミックフレア 牝3 54.0 酒井学
2 4 ニシノエルサ 牝3 54.0 勝浦正樹
3 5 クールキャット 牝3 54.0 津村明秀
3 6 ネクストストーリー 牝3 54.0 杉原誠人
4 7 タイニーロマンス 牝3 54.0 内田博幸
4 8 テンハッピーローズ 牝3 54.0 福永祐一
5 9 ファインルージュ 牝3 54.0 C.ルメール
5 10 シャドウファックス 牝3 54.0 大野拓弥
6 11 オプティミスモ 牝3 54.0 藤井勘一郎
6 12 ラストリージョ 牝3 54.0 柴田大知
7 13 カラパタール 牝3 54.0 横山武史
7 14 ビップエレナ 牝3 54.0 菊沢一樹
8 15 ホウオウイクセル 牝3 54.0 丸田恭介
8 16 グロリユーノワール 牝3 54.0 野中悠太郎

○池上師 「前走は力通りの結果。前向き過ぎるところはあるが、前に馬を置けば我慢は利くし、中山のマイルならこなしてくれると思う。重賞のここでも楽しみがある」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲートでの出遅れを挽回する為に仕掛けていくと、ハミを噛んでしまい、制御不能に近い走りになってしまったカラパタール。それでいて勝ち馬とコンマ4秒差の7着に踏み止まり、心肺機能の優秀さは示してくれていました。

そこから立て直して臨んだ前走。マイナス14キロと馬体を大きく減らしてしまい、デビュー戦からの良化もさほど感じなかったので苦戦を強いられると見ていましたが、前走の快走(未勝利勝ち)については道悪の適性が高かったのが1番。そして内枠で前に壁を作ることができたので道中は何とか我慢できました。ただ、直線で進路が出来るのを待つことになった時は少しドキドキ・モヤモヤ。残り200mでジワッと外へ持ち出すことが出来ると、そこからは不良馬場というのを感じさせないくらいの弾けっぷりを披露。残り1ハロンだけで後続に4馬身差をつけました。まあ、この内容なら良馬場でも好勝負は間違いなかったでしょう。

前走後はNF天栄で再調整。不良馬場で激走した疲れ・反動を懸念しましたが、脚元等は異常なし。徐々に立ち上げていくと順調に状態アップ。そして牧場と厩舎との打ち合わせで3戦目にここが選ばれました。強気に出たなあというのが率直なところです。

帰厩後も順調に乗り込みが出来ていたので、スムーズに追い切りへ移行。ただ、前走時にガクッと減ってしまった馬体の戻りがスロー。カイバは食べているのでしょうが、精神面の余裕がもう1つ。走りに対して前向きで真面目なのは良いのですが、オン・オフのオフを作ってあげたいです。

それ故、追い切りに関しては本数はそれなりにこなしているも、馬なりでサラッと伸ばす程度。その中でこの馬らしい回転の速いフットワークを見せているので、デキ&仕上がりは悪くないでしょうが、ビシッとやっていないのがどう響くか。

また、今回は1ハロン延長のマイル戦での出走。前向き過ぎる気性とピッチ走法なので、ゆくゆくはスプリンターに育つと見ているので、距離は大きな課題になってくると思います。行きたがる面があるので前に壁を作りやすい内枠を引き当てて欲しかったですが、7枠13番と外へ。今回、手綱を取る横山武Jは7日の追い切りに跨り、感触を掴んでくれていますが、実戦でも上手に折り合うことが出来るのか…。序盤の見どころはそこでしょう。スムーズに少し内へ入れて追走して欲しいです。

ただ、率直なところ、重賞のこの舞台でいきなり結果を残しそうな好印象はなし。カラパタールは凡走と好走を交えながら、地道に力をつけていくタイプだと思うので。勿論、私の見立てが良い方へ外れてくれるのは大歓迎。その一方で体と気持ちが噛み合った走りが出来なければ、大きな着順で終わってしまうことは重々認識して、レースを見ようと思います。