焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(明け4歳牡馬・NFしがらき組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン18秒

厩舎長「右前脚の蹄を気にしたのはその日だけで、翌日にはスッキリとしていました。状態を確認するために今週初めに跨って周回コースで感触を確かめましたが、右トモに依然甘さがあるものの、右前の蹄を気にすることもなく、進めていく分には問題ないと判断しました。少しずつ距離を延ばしても問題なかったことから、週半ばから坂路にも入れています。引き続きトモのケアを施しながら進めていくことになりますが、休まずに乗れていることは良いことだと思いますので、状態を見ながら徐々に運動量を増やして行ければと考えています。馬体重は566キロです」(12/25近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル

厩舎長「先週一杯は軽めの調整でコンディションを整えていましたが、特に気になるところはありませんでしたので、今週から周回コースで乗り出しています。跨った感触は悪くないですし、力みも見られないので、このまま徐々に運動量を増やしていきたいと思います。馬体重は477キロです」(12/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄鉄を外して、楽をさせたサリオスですが、その対応が良かったようで蹄は問題なし。右トモに甘さは残りますが、ケアを続けながら乗り進めていけば大丈夫でしょう。騎乗運動を再開後は順調に回復が進み、坂路調教も再開しています。焦る必要はありませんが、ここから上昇気流に乗っていってもらいたいです。

NFしがらきへ移動後、レースでの疲れの有無を確認してきましたが、状態面で問題が見られないリアンティサージュは周回コースでの乗り込みを開始。実際走らせても、気になるところはない様子。この馬とすれば落ち着きもあるようなので、出来るだけ早く次走への態勢を整えてもらえればと思います。