焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

一気の相手強化で7着と力量差を感じる結果に終わりましたが、馬体面の成長を感じさせましたし、狭いところを苦にするような面も見せずと悪くない走り。ここで強い相手に揉まれたことを糧にして自身の進化へと繋いでいって欲しい。★ドゥラモンド


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

日曜阪神11R 朝日杯フューチュリティS(芝1600m)7着(5番人気) 武豊

ややゆっくりとスタートを切るも、スッと行き脚を付けて、道中は中団に付けます。直線では他馬の間から脚を伸ばそうとしますが、ジリジリとした脚色で大きく差を詰めることは出来ず、初挑戦のG1は7着で入線しています。

手塚調教師「阪神競馬場までの輸送をこなしながらも、プラス10キロでの出走となりましたが、前走からの短期間でも背丈は伸びて成長を感じていましたし、馬もドッシリとしていて見映えは良かったと思いますよ。この中間にはしっかりと駐立の練習を積んでいましたし、この馬としてはスタートの出はまずまずでしたね。まだキャリアの浅い馬で、内枠に入ったことで少し他馬にかすめられるようなところがあったためにエキサイトしてしまって、道中は少し力んで走るようなところがありましたが、競馬振り自体は悪くなかったと思います。2,3着馬と同じくらいの位置から追走しながらも、最後少し差がついてしまったのは、現時点での瞬発力の差が出てしまったのかなという印象ですが、この馬自身も1分33秒0で走れているように、決して悲観する内容ではなかったと思います。武豊騎手は、『スタートはゆっくりでしたが、枠順が良かったですし、まずまずの位置から運ぶことが出来ましたね。ただ、ずっとペースが流れていましたし、最後は少し疲れてしまった感じですね』と話していたのと同時に、走りの感触自体は悪くなかったとも言ってくれましたし、今後も重賞戦線で戦っていける能力を感じられるような一戦になったのではないかと思います。この後は、まずはトレセンに戻ってからよく状態を確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/24日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

手塚師「先週は結果こそ残すことは出来ませんでしたが、初めての一線級との対戦でしたし、競馬の内容自体は悪くなかったと思います。トレセンに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて特に異常は見られません。ただ、全体的には競馬で走った疲れがありますから、この後は無理せずに一旦放牧に出させていただきたいと思います」(12/13近況)

⇒⇒24日に福島県・NF天栄へ放牧に出ています。(24日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新馬→1勝クラス(特別戦)を連勝し、G1のここへチャレンジしてきたドゥラモンド。ただ、2戦のパフォーマンスから一気の相手強化となるここでは少し辛いのかなというTMのジャッジが大半。出資している自分としてもそれは重々承知していたのですが、前走後からここへ臨むまでの充電期間でドゥラモンドの成長を確認。追い切りでも父らしい荒々しさが出てきて、追い切りでも動くようになっていたので、案外通用しないかなと…。淡い期待も持ってレースへ臨みました。

初めての長距離輸送も無難にこなし、プラス10キロでの出走。数字はまさに成長分だと思いますし、これからもっと増えても良いぐらい。G1の雰囲気に飲み込まれることはなかったと思います。

レースでの注目はまずはゲート。2戦目は駐立が悪く、出遅れてしまいましたが、今回は中間、熱心にゲート練習に着手したことで幾分改善。ややボコッと出てしまいましたが、二の脚でリカバーすることは出来ました。ただ、ちょっと仕掛けてポジションを取りに行ったことで折り合いを少し欠く面がありましたし、結果論ですが、レースの流れに乗せようとし過ぎた感じ。追走に脚を使い、溜めることが出来ませんでした。直線は内の狭いところを気にすることなく頑張っていましたが、最後の方はちょっと疲れてしまいました。

レース後のドゥラモンドですが、脚元等は大丈夫。ただ、一生懸命走ってくれたことで相応の疲れを感じさせる様子。ここで無理をしても仕方ないので、一旦リセットすることに。先月24日にNF天栄へ放牧に出ています。

終わってみれば、一気の相手強化で現状での完成度・力量差を痛感することになりましたが、自分から止めるような面は見せなかったですし、7着という結果はそこまで悲観することはないでしょう。ここで強い相手に揉まれたことを糧に、もう1段、2段とレベルアップしていって欲しいです。そしてゆくゆくは半兄に負けないように重賞に手が届く馬になってくれることを願っています。