焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳牝馬・次走フェアリーS組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:23日に南Wコースで時計
・次走予定:2021年1月11日の中山・フェアリーS(G3)・津村J

奥村武師「先週末には南Wコースで半マイルから単走で終いサッと脚を伸ばす感じで時計を出していますが、その後も特に問題はありませんし、23日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。直線で後ろから迫ってきた新馬の外に進路を取って、最後は同入する形でしたが、終いの反応や走りのバランスは良かったように思います。前回調整時はトモの動きにアンバランスさを感じる部分がありましたが、その点は前回よりもマシになっていますね。牧場サイドがしっかりと調整してくれたことに加え、クールキャット自身、段々と馬体に芯が入ってしっかりしてきている部分もあるのでしょう。ここまでの調教の感触は上々ですし、目標のフェアリーSに向けて、さらに負荷を強めていけそうですね。なお、鞍上は前走に続いて津村明秀騎手に依頼しています」(12/24近況)

助 手 20南W良 56.7- 41.9- 13.0 馬なり余力
助 手 22美坂良 61.8- 46.2- 29.7- 14.3 馬なり余力
助 手 23南W良 70.0- 54.9- 39.8- 12.2 G前仕掛け タイセイサムソン(新馬)直強めの外1.1秒先行同入
助 手 27南W良 71.6- 57.1- 42.1- 13.0 馬なり余力
助 手 29美坂良 60.9- 45.3- 29.8- 14.8 馬なり余力 
助 手 31南W良 67.8- 52.5- 39.6- 13.0 直一杯追う ホープケツァール(三未勝)直一杯の内1.6秒追走0.2秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:23日に南Wコースで時計
・次走予定:2021年1月11日の中山・フェアリーS(G3)

池上師「23日に南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後の初時計だったこともあり、単走で5ハロンから71-41程度とそこまで強い負荷は掛けていませんが、脚取りには最後まで余裕がありましたし、動き自体はスムーズで悪くありませんでしたね。ただ、競馬を経験してきていることで、少し普段の様子からテンションの高さが目に付くようになってきています。我慢は利いているものの、走っている時もややハミを強く取り気味で、次はマイル戦でこれまでよりも1ハロンの距離延長となることを考えても、あまり気持ちが昂らないように気を付けて進めていかないといけないなと感じています。馬体重は最新の計測で450キロと、レースまでまだ時間があることからすれば、もう少し余裕があっても良いのかなという感じはしますが、飼い葉はしっかりと食べていますし、大きな心配は要らないと思いますよ」(12/24近況)

助 手 23南W良 71.8- 55.6- 41.3- 13.0 馬なり余力
助 手 27美坂良 59.4- 42.6- 27.0- 13.4 馬なり余力
助 手 31南W良 69.6- 54.5- 40.4- 12.7 馬なり余力 ホウオウエミーズ(古馬2勝)馬なりの外0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クールキャットは丹念に乗り込み中。元々攻めは動く方がですが、前走時よりもトモの具合が良さそうなのは何より。ただ、大型馬で器用さに欠けるところがあるので、中山のマイルへの適性がどうか。良いイメージは沸いてきません。注目の次走の鞍上ですが、津村Jが選んだ?のはこちら。2頭の比較では将来性は同馬になってくるのかなとは思います。

カラパタールは一息入れて状態自体は良さそうですが、使いつつピリピリした面が目立ってくるように。血統から仕方ないかもしれませんが、フェアリーSへの出走にあたり、1ハロン延長は課題になりそう。ゆくゆくはスプリント路線を歩むことになるのでしょう。馬体の戻りもやや物足りないので帰厩後の調整は軽めですが、これから徐々に負荷を高めていってもらえればと思います。