焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ダートでは底を見せていないも、中1週のローテで昇級戦は楽ではありません。スピードはこのクラスでも通用していいも、心身の幼さを多分に残している現状からも長い目で成長を見守っていきたい。☆ロードアブソルート

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアブソルート(牡・吉岡)父キングカメハメハ 母パーフェクトトリビュート

12月26日(土)阪神12R・3歳上2勝クラス・混合・ダ1400mに和田竜Jで出走します。12月23日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は16時20分です。

○吉岡調教師 「12月23日(水)はサッと。中1週ですからね。一叩きしてガス抜きが出来たのかも。幾らか落ち着きが出ています。前走が上々の勝ちっぷり。このクラスでも通用するか・・・。乗り役に変更こそ生じたものの、予定通りに投票を行ないましょう」

≪調教時計≫
20.12.23 助手 栗東坂良1回 56.5 41.6 26.9 13.8 一杯に追う

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第6回阪神7日目(12月26日)
12R 3歳上2勝クラス
ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走16:20 
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ステラストラータ せ5 54.0 秋山稔樹
1 2 ケイアイターコイズ 牡4 57.0 幸英明
2 3 ピンシャン 牡3 56.0 福永祐一
2 4 アルベニス 牡4 57.0 和田翼
3 5 ハードカウント せ5 57.0 小崎綾也
3 6 コマノゼニト 牡4 57.0 田辺裕信
4 7 ウェイクール 牡4 57.0 国分優作
4 8 ワイドカント 牡3 56.0 松山弘平
5 9 トーホウシーマ 牡6 57.0 鮫島克駿
5 10 アイタイ 牡4 56.0 森裕太朗
6 11 フジノタカネ 牡4 57.0 池添謙一
6 12 ライトオブピース 牡6 56.0 団野大成
7 13 ウインスピリタス 牡4 57.0 松若風馬
7 14 アーデルワイゼ 牝5 55.0 岩田望来
8 15 ハリーバローズ 牡3 56.0 藤岡佑介
8 16 ロードアブソルート 牡4 57.0 和田竜二

○田嶋助手 「やれそうな感触はありましたが、前走は予想を上回る内容でした。あれなら昇級でも楽しみです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉頭エントラップメントが判明して手術を行ったり、2歳秋のデビュー目前で左前脚の膝を骨折とJRA在籍時は順調さを欠いたロードアブソルート。新馬戦がなくなった4月にようやくデビューすると初出走で3着と好走。その後はワンパンチ足りない競馬が続くも、最終戦以外は掲示板を確保し続けたように能力の一端は示していました。ただ、軽度の骨折だと見ていた左前脚の膝の状態が思わしくなく、右膝もスッキリしないことから立て直しを図る誤算。夏の北海道シリーズに何とか間に合いましたが、左ひざをかばう面が見られ、1勝を掴み取ることが出来ませんでした。

JRAでの1勝が叶わなかったロードアブソルートはまずは左膝のクリーニング手術を実施。南関東の川崎で出直すことになりましたが、復帰は4歳になった4月。JRA在籍時もダートを試して欲しかったのですが、それは叶わずじまいだったのですが、ダートへ矛先を向けるとポンポンポンと3連勝。荒削りなレース運びながら、スピードの違いを見せてくれました。

その後はJRAで再出発することになるも、夏の新潟で芝を使おうとして飛節を腫らすトラブル。またまた治療・立て直す羽目となり、ようやく態勢が整ったんが前走。出走を見落としていたのですが、五分のスタートから楽に先行すると、直線では余裕を持っての抜け出し。1分25秒を切る時計も優秀ですし、復調すればこれだけやれるんだということを見せてくれて、素直に嬉しかったです。

その前走から中1週のローテで臨む今回。昇級戦ですし正直楽ではありませんが、追い切りの動きから好走した疲れ・反動は大丈夫そう。直前になって和田竜Jとのコンビで出走することになりましたが、個人的には大歓迎。しっかりアブソルートを動かしてくれると思います。あとは現段階での能力・完成度が2勝クラスで通用するかどうか。まあ、これについては実際に走ってみないと分かりません。また、心身の幼さを多分に残しているので、個人的には長い目で成長を見守っていきたいです。