焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】エンジェリックレイの19

f:id:yakifish:20200513050027g:plain エンジェリックレイの19(牡・清水久)父ハービンジャー

【本馬の特徴】

祖母レディバラードはロードHC所属馬として交流重賞2勝。伯父ダノンバラード種牡馬に転身後も名声を高め、今秋ロードブレスが日本テレビ盃でタイトル奪取に成功した。ハービンジャー産駒の本馬は骨太で十分な幅を有した立派な馬体に育っており、ブレの少ないフォームで気合いの乗った走りを見せている。名牝系バラード一族。長打の期待も可能な魅力を秘めているでしょう。

○馬体重 476キロ 体高 159.0センチ 胸囲 185.0センチ 管囲 20.5センチ(募集時・2020/10月下旬)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2020.11.15
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「最も早い8月上旬に馴致に終え、その後は順調にペースアップを果たしています。大柄な馬体を余すことなく使ったダイナミックなフォームに好感。結構気が強いタイプで、併せた際に垣間見える負けず嫌いな面からも楽しみが持てそうな1頭です」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロード馬は臆病な馬が多い中、気の強さが良い方へ出てくれそうなのがエンジェリックレイの19。この母の仔に出資するのは初めてですが、早生まれとは言え、馬体はしっかりしているようで好印象。また、調教動画では集中して駆けていたので、ハズレの可能性は極めて低いのかなと思います。あとはどこまで長打(上)を狙えるかでしょう。

最終的に先行受付で会員の中では満口⇒抽選に。そこまで競争率は高くなかったのかもしれませんが、無事縁があって何よりです。

また、ハービンジャー産駒への出資はロードフェリーチェ以来。シンザン記念で2着に食い込んでくれましたが、気難しさが災いしてそれ以降、低迷してしまいました。エンジェリックレイの19は人間との信頼関係をしっかり築き上げてもらい、操縦性の高い競走馬に育ってもらいたいです。あとは軽い芝への対応力がどこまで備わっているか。それが活躍の分かれ目になってくるのかなと見ています。