焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

左前脚の繋靭帯炎の回復に手間取り、約11ヶ月ぶりの実戦。いつ見切りを付けられても仕方ない状況から何とか立ち直り、レース復帰できたことは凄く嬉しい。まずは無事に走って来て欲しい。★ロードダヴィンチ

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

2020.12.17
12月20日(日)中京2R・3歳上1勝クラス・ダ1900mに富田Jで出走します。12月15日(火)美浦・坂路コースで調教時計を記録しています。また、12月16日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は10時25分です。

○新開調教師 「予定が流動的だった他馬との兼ね合いで亀田騎手が急遽乗れなくなった為、斤量面で同じ恩恵を受けられる富田騎手とコンビを組むことになりました。脚元については落ち着いた状態。約11ヶ月振りの実戦になるだけに、まずはレース勘を取り戻しましょう」

2020.12.16
12月20日(日)中京・3歳上1勝クラス・ダ1900mに亀田Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位5番目、同順位1頭で出走可能です。12月15日(火)美浦・坂路コースで調教時計を記録しています。また、12月16日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。

○新開調教師 「12月16日(水)はウッドで約67秒の時計を記録。ワンペース気味なのは相変わらずでも、マズマズの仕上がりで送り出せそうな感触です。馬体に重さがまだ残るものの、長期の休養明けを考えれば許容範囲と言えそう。1キロ減の亀田騎手に依頼を掛けました」

≪調教時計≫
20.12.15 助手 美南坂良1回 60.5 45.0 29.9 14.7 馬なり余力
20.12.16 助手 美南W良 66.2 51.9 39.2 13.3 馬なり余力

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京6日目(12月20日
2R 3歳上1勝クラス
ダ1900メートル 指定 定量 発走10:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 テンピン 牡3 56.0 吉田隼人
1 2 ユースフルラヴ 牝3 54.0 黛弘人
2 3 メイショウハナグシ 牝4 55.0 小崎綾也
2 4 ゴールデンスターズ せ3 53.0 泉谷楓真
3 5 トラモント 牡3 55.0 菅原明良
3 6 キラービー 牡3 55.0 菊沢一樹
4 7 サンライズヴュー 牡4 57.0 西村淳也
4 8 キモンボーイ 牡4 55.0 藤田菜七子
5 9 パースピレーション 牡3 56.0 江田勇亮
5 10 ミャゴラーレ 牡3 53.0 秋山稔樹
6 11 セイカヤマノ 牡4 57.0 柴山雄一
6 12 メイショウカンキ 牡6 54.0 小林脩斗
7 13 ロードダヴィンチ 牡5 56.0 富田暁
7 14 エヴァン 牡3 55.0 団野大成
8 15 スズカノロッソ 牡5 57.0 野中悠太郎
8 16 タイセイモンストル 牡3 56.0 川須栄彦

○新開師 「久々の分、多少動きがもっさりとしている。叩いた方が良さそうだけど、スムーズな流れになれば力は出せそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

脚部不安で約11ヶ月ぶりの実戦となるロードダヴィンチ。放牧から3月中旬に帰厩し、コンスタントに使っていこうとしていた最中に左前脚の中筋に張りを確認。エコー検査の結果、繋靭帯に軽度の損傷が判明してしまいます。その時の診断では復帰までに3ヶ月ぐらいは必要ということでしたが、そんなに長引かないだろうと見ていたのですが、実際はそんな簡単な怪我ではなかったです。

左前脚繋靭帯の状態は日によってバラ付き気味で慎重さを求められ、夏場に普通キャンターで乗り込むことが出来るところまで一旦回復したのですが、そこでまた左前脚繋靭帯に熱感が出てきてしまい、暑い気候でグロッキーに。左前脚の対角となる右トモにも疲れが出てしまいました。なかなか進展しない現状にいつ見切りを付けられても仕方ないと覚悟していましたが、牧場で速いところを乗るのを控え、丹念に乗り込むことで状態アップ。レースへ復帰することが叶うとは正直ビックリしています。

追い切りでは馬なりながらマズマズの時計をマーク。見た目には仕上がりが進んでいるようですが、動きにはモッサリした面が目立つ様子。ブランクが長いから仕方ないですし、気持ちの面でピリッとしてきていないのでしょう。脚元の状態を考えると目の前の1戦に全力投球しないといけませんが、本領発揮となるには何回か使っていく必要があると思います。

まあ、今回に関しては復帰が叶ったことが嬉しいので、結果については二の次・三の次ぎ。まずは無事に走り終えてくれることを願うばかりです。