焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

このクラスでも通用する素質はある筈も、時計面での裏付けがないので昇級して即通用するとは思えず。強い相手に揉まれながら着実に力を付けていって欲しい。★シェダル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル(牡・栗田)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

土曜中山10R 仲冬S(ダ1800m)4枠7番 横山武J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:16日に南Wコースで時計

栗田師「16日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せで行いましたが、道中はシェダルが先頭を走って、直線では大外へ持ち出されると、馬体を並べて終えています。ある程度体は出来ていますので、今週は終いだけ軽く脚を伸ばすようなイメージでした。気分よくキャンターが出来ていましたから、その分終いまで非常に力強い脚取りでしたし、並ばれてからの反応も良かったですね。先々週の北総ステークスを除外になってしまったことで、調整は少し難しくなってしまったものの、何とか良いコンディションをキープして今週のレースへ臨めそうです。外枠を引いて揉まれない形でスムーズに先行すれば、昇級戦でも勝ち負け可能な馬だと思っていますから、あとはこの馬の癖をよく知っている武史(横山武史騎手)のエスコートに期待したいですね」(12/16近況)

助 手 13美坂良 61.1- 44.7- 29.5- 14.7 馬なり余力
助 手 16南W良 69.4- 54.4- 40.8- 13.0 馬なり余力 エクレルシー(新馬馬なりの外0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山5日目(12月19日)
10R 仲冬S
ダ1800メートル 3歳上3勝クラス 特指 混合 定量 発走14:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ビッグアイランド 牡6 57.0 丸山元気
1 2 バンクオブクラウズ 牡3 56.0 酒井学
2 3 ベルキューズ 牝4 55.0 内田博幸
2 4 ライジングドラゴン 牡5 57.0 石川裕紀人
3 5 ダンサクドゥーロ 牡6 57.0 岩田望来
3 6 ビービーガウディ 牡6 57.0 大野拓弥
4 7 シェダル 牡3 56.0 横山武史
4 8 ゼノヴァース 牡3 56.0 C.ルメール
5 9 ライトウォーリア 牡3 56.0 吉田隼人
5 10 メイショウダジン 牡3 56.0 柴田大知
6 11 エンダウメント 牡4 57.0 勝浦正樹
6 12 キャンディスイート 牝4 55.0 三浦皇成
7 13 ウインフォルティス 牡5 57.0 和田竜二
7 14 リフトトゥヘヴン 牡6 57.0 松若風馬
8 15 デルマオニキス 牡3 56.0 横山和生
8 16 エターナルヴィテス 牡4 57.0 田中勝春

○栗田師 「除外で予定が延びたけど、ここを目標に調整して状態は維持できている。中山は相性がいいし、競馬がしやすい舞台。昇級戦になるけど、楽しみはある」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前々走のレースを見て、古馬相手となると簡単には勝ち上がっていくことは出来ないと見ていたシェダルでしたが、前走は2度目の騎乗となる横山武Jの好リードに導かれて快勝。アッサリ見立てはハズれ、勝ちっぷりは着差以上の強さだったと思いますが、勝ち時計に関しては強調できるものではありませんでした。

その後は一息入れて、10月の平城京Sを目標に進めるも除外。再度牧場で一息入れ、今度は暮れの中山・北総Sへ出馬投票を行うも、またしても除外。3度目の正直で今回3勝クラスでの第1戦を迎えることになりました。

仕上げに関しては、除外で延びた分、乗り込みが進み、力を出せる状態にはある筈。精神面では予定が狂ったことでイライラしてくるかなと見ていましたが、今のところは落ち着き十分。あとは現状のシェダルの力が3勝クラスでどこまで通用するかでしょう。

まだまだ伸びシロがあり、いずれはこのクラスでも通用できるようになると思いますが、ここは抜けた馬はいないも、粒の揃った印象。特にシェダルと同期(3歳)で人気を集める馬は将来性十分。ここまでに速い時計への対応力を示しているのも強調できるでしょう。それに対して、シェダルは素質ではヒケを取らないと思うも、これまでのレースぶり・内容は時計が掛かってこその印象。その点から昇級して即通用するとは思えません。強い相手に揉まれながら、地道に力をつけていくことで道を切り拓いて欲しいです。