焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

次走が年明け11日の中山・フェアリーSに決まりました。☆クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・次走予定:2021年1月11日の中山・フェアリーS(G3)
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、トモの状態には良い意味で変わりがありません。今の感じであれば年明けの競馬を目指して行けそうですし、厩舎サイドとはフェアリーSを目標に進めていく方向で打ち合わせています。馬体重は525キロです」(12/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの踏み込みに少し甘さを覗かせるも、坂路調教でジワジワ負荷を高めることが出来ているクールキャット。そろそろ今後の予定が示されるかなと見ていたら、次走に年明けの3歳牝馬重賞・フェアリーSを選んできました。個人的にはカラパタールとの出資馬対決になります。

馬体はまだまだパンとせず、走りに器用さが欠けるので、トリッキーな中山のマイルが合うとは正直思いませんが、久々を叩いて幾らかでもシャキッとしてくると思うので、前走5着以上の結果・走りを今から期待しています。