焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

道中の行きっぷりや仕掛けてからの反応の鈍さは今後の課題も、直線では渋太さと勝負根性を発揮して3着を死守。2戦目で能力を秘めることを確認出来てホッと一安心。☆ノワールドゥジェ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ(牝・宮田)父ハーツクライ 母プチノワール

日曜東京3R 2歳未勝利(芝2000m)3着(3番人気) 横山武J

五分のスタートを切ると、道中は中団後ろよりを追走します。3,4コーナー中間から徐々に前との差を詰めて行き、直線では馬場の五分所からジワジワと脚を伸ばして、3着でゴールしています。

宮田調教師「前回は調教を進めていく内に体が研ぎ澄まされてしまったような部分がありましたし、馬体重が12キロ増えていたのは、肩回りやトモ等の必要な箇所に筋肉が付いて成長した分だったと思います。向正面での手応えがあまり良くないように見えたので、その時はどうなるのかなと思いましたが、直線ではよく最後まで脚を伸ばしてきてくれましたね。道中の走りは馬体が伸びてしまっているような感じになっているため、そこが改善してくればもっと良くなってくると思いますが、それでも2戦目でこの馬のポテンシャルを示してくれたのは良かったと思います。武史(横山武史騎手)は『前走は4コーナーで躓くところがありましたが、今回はスムーズな競馬が出来ましたね。向正面から手応えがそれほど良くなかったものの、直線では最後までジリジリと脚を伸ばして頑張ってくれました』と話していましたね。徐々にエンジンが掛かってくるタイプですし、直線の長い東京コースがノワールドゥジェには合っていると思いますが、この後は中山開催が続きますから、この後についてはもう少し時間を掛けて考えさせていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬体増は成長分。出遅れ。加速は遅めだが、最後は併せ馬の形で外からしっかり伸びてくる。デビュー戦は4角で躓いて参考外。能力は十分。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

宮田師「新馬戦よりも調教で動けるようになり、体も成長していたので楽しみにしていました。距離を延ばしたこと、コース替わりも良かったかなと思いますが、少しずつ力を付けていますね。ただ、競馬を使ったことによる疲れはそれなりに感じますので、優先出走権を手にしましたが、無理をさせずに牧場へお戻しさせていただきます」(12/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピリピリしやすい母系なので、1度実戦を使ったことで煩い面が出てこないか心配だったノワールドゥジェ。パドックの映像を見る限り、デビュー戦と同様に落ち着いた周回。馬体重は前走から12キロ増でしたが、これは成長分だと思いますし、見た目はまだ少し細く見えました。

レースぶりですが、大外枠から少し立ち遅れたようですが、二の脚がマズマズ。スッと前目のポジションを確保しにいくのかなと見ていましたが、コース形態を考慮して序盤は出たなりの位置をキープ。そして出来るだけ外々を回らされることを回避するも、行きっぷりはさほど良くなく、軽く促しながらの追走でした。余裕を持って追走できるようになれば脚が溜まり、ピリッとした末脚を繰り出せるのでしょうねえ。

3角から4角に掛けてジワッとポジションを上げていったノワールドゥジェ。同枠のシルク馬・エクスインパクトも同じように仕掛けていって、両馬共に勢いを付けて最後の直線へ。追われてからの反応はエクスインパクトの方が良かったので、外から蓋をされて内へ閉じ込められると辛かったのですが、そこは同馬主&相手の鞍上がC.ルメールJということで、進路を残してくれました。

ただ、道中の手応えと直線を向いた時の反応の鈍さから、直線はどこかで脚が一杯になり、最後は垂れてしまうだろうと見ていましたが、ノワールドゥジェは鞍上の叱咤激励に応えて、直線は存分に渋太さを発揮。最後、エクスインパクトと馬体を併せる形になるともうひと頑張りしてくれたので、牝馬ながら勝負根性はなかなか。最後まで抜かさずに3着でのゴールとなりました。ちょっと忖度はありましたが、2戦目で能力を示してくれて、 ホッとしています。

レース後のノワールドゥジェですが、脚元等に異常はなさそうも、一生懸命走ってくれたので相応の疲れは感じられる様子。次走へ向けての優先権を確保しましたが、ここで無理することを避け、一息入れる予定です。近日中にNF天栄へ移動となる模様です。

行きっぷりや仕掛けてからの反応に鈍さが残る現状なので、小回りの中山はデビュー戦のように勝負どころでゴチャ付き、不利を受ける可能性が高そう。馬体に芯が入ってきて反応が良くなるまでは広いコース(直線の長い)を選択していくべきでしょう。おそらく次走は2月頃の東京戦だと思うので、更なる馬体増を叶え、パワーアップした姿で3戦目へ臨めるようにお願いします。