焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

去勢手術後も馬体重が増えたように良い成長を見せてくれたも、レースでの走りは前向きさに欠け、芝のマイルではやはりスピード不足。2戦連続で二桁着順と見通しは暗いですが、臆することなく試せることは何でもやっていって欲しい。★バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(セ・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

土曜阪神5R 2歳未勝利(芝1600m)13着(8番人気) 和田竜J

モッサリとしたスタートから、そのまま後方を追走します。3~4コーナーから押し上げて行こうとしますが、なかなか前との差を詰められず、最後の直線も伸び脚は見られないまま後方で流れ込んでいます。

大久保調教師「体は18キロ増えていましたが、去勢明けとしては体のバランスが崩れることなく良い傾向だと思いますし、良い状態でレースに臨めたと思います。返し馬では気分よく走っていたので、これならレースでも良い走りを見せてくれると思っていましたが、いざゲートを出るとまったく良いところがなかったですね。レース後、和田竜二騎手に聞いたところ、『返し馬では自分からハミを取っていくほどでしたが、レースではまったく進んで行かなかったですね。確かに緩さがあってしっかりするのはもう少し先だと思いますが、走りに対して前向きさに欠けていました』と話していました。今後は何かしら馬具を着けてレースに臨むのも手だと思いますが、ホルモンのバランスが安定するまでもう少し時間が掛かると思いますので、この後は放牧に出して成長を促す方向で考えています。でも、競馬場に着いてから気難しいところは見られなかったですし、そのあたりは去勢の効果が表れているのかなと思うので、焦らず馬の状態に合わせながら大事に育てて行きます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:滋賀県・島上牧場

大久保師「レース後はその日のうちに島上牧場へ放牧に出しましたが、移動後も脚元含め問題ありませんでしたので、ノーザンファームしがらきの馬房の調整がつき次第移動することになっています。去勢の効果からレース当日は気難しいところを見せなかっただけに、走りに集中してくれると期待していましたが、いざ競馬に行くと良いところが見られなかったですね。まだ一生懸命走っていないのか、芝だとスピードが足りないのか、はっきりとしたことが言えないですが、色々条件を変えてこの馬の良いところを引き出せるよう努めて行きたいと思います。次走の予定につきましては、牧場で状態を確かめながら検討させていただきます」(12/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

去勢手術を行うと、馬体重を減らしてしまうことが多い中、バラキエルはデビュー戦からプラス18キロで2戦目を迎えることになりました。これはそのまま成長分だと思いますし、パワーアップした感じは窺えました。ただ、帰厩後の追い切りからは変わり身が乏しく、2戦目も芝1600mに使ってきましたが、芝では単純にスピード不足なんじゃないかなと思い、苦戦することは覚悟の上でした。そしてその悪い予想は的中してしまいました。

今回もボコッとゲートを出てしまうと、二の脚も一息で後方からの競馬に。自分から走ろうとする気持ちが少ないようで、和田Jは細かく仕掛けつつの追走。勝負どころから置かれるようなことはなかったですが、脚が溜まっていないので、いざ追われてからもギアが上がらず、単調な走りでゴールに流れ込むだけでした。この馬なりに最後まで頑張ってはいるとは思うのですが…。

レース後のバラキエル栗東近くの島上牧場へ。脚元等に異常は見受けられませんし、クタッとした感じはなし。レースで全力を出し切っていないのかなあ? 今後はNFしがらきの馬房の都合が付けば、再移動の予定です。

去勢手術を行い、気難しさが幾分緩和されたのは良かったですが、競走馬としての展望は暗いまま。まず、前向きさが足りないので、チークピーシズブリンカーの装着を試していく必要はあるでしょう。そして速い脚が使えないので、砂を被った際の不安はありますが、ダートへ矛先を向けないと仕方ないでしょう。芝を使うなら、芝2000m以上の適性を試してもらいたいです。とにかくやれることは何でもチャレンジして欲しいです。また、当面は出走と放牧を繰り返しながら、馬体に芯が入ってくるように成長を促してもらいたいです。