焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

馬体重は絞れてきてくれると見ていたも、まさかの10キロ増。そしてレースでは痛恨の出遅れ。道中の追走でも待たされることが多く、直線を向いてから仕掛けることになってしまう。直線は内からじわじわ脚を使ってくれましたが、前を行く馬も伸びていたので3着までが精一杯。★ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

月曜阪神9R 秋明菊賞(芝1400m)3着(1番人気) 福永J

後ろ扉にモタれ掛かったところで扉が開いてしまい、それに加えて流れが遅く前が壁になり、引っ掛かるのを宥めながらの追走となります。最後の直線で馬群を割って追い出されますが、上位馬を捉え切るところまで行かず、昇級戦となるレースは3着でゴールしています。

音無調教師「体重は前走より10キロ増えましたが、まだ少し太目なものの、初戦の頃よりも体は引き締まっていましたし、成長分もあると思います。一度レースを経験して競馬を覚えたことで、前回よりも落ち着きがなく、ゲート内で丁度後ろ扉にモタれ掛かった時に扉が開いてしまったので、その分ダッシュが付かなかったですね。その後も前が詰まって引っ掛かり気味に走っていましたし、チグハグな競馬になってしまいました。最後は差を詰めてくれただけに、前半もう少しスムーズなら結果も違っていたと思います。レース後、福永騎手に聞いたところ、『初戦の時よりも駐立が悪く、立ち遅れが全てですね。逃げた馬が勝っているように、流れも向かなかったですし、その中でもよく最後まで伸びてくれました』と話していました。初戦の時もゲート内で少し落ち着きのないところを見せていたことから、この中間にゲートの確認を行いましたが、その時は落ち着いていたので大丈夫だと思っていたのですが・・・。普通に走ればあっさり勝ち上がれるだけの力を持っている馬ですから、次走までにしっかりゲートを出せるよう改善していきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

10キロ増で確かに太いが、初戦よりは幾らか締まって見えた。発馬でボコンと2馬身出遅れて後方。3~4角は内を通ってきたが、前に進んでいかない馬がいて身動きが取りづらい。直線はラチ沿いで待っていると前が開き、ジワジワ伸びたものの3着。今日はスタートに尽きる。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整

音無師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでした。スムーズなレースが出来なかった中でも、最後はよく追い詰めてくれましたし、ゲートさえ上手く決めていればという内容でした。まずはゲートの駐立を改善しないと話にならないので、この後は縛って観念させたいと思います。ゲート練習の様子を見ながら、今後について考えて行きます」(11/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2週連続で追い切りに福永Jが跨り、好時計をマークしていたピクシーナイト。これで馬体は引き締まってくるかと見ていましたが、当日馬体重が発表されるとちょっとビックリのプラス10キロ。タフで食欲が旺盛なのは悪くないことですが…。

レースぶりに関してですが、ゲート内で少し動いているなあと見ていたら、態勢が整わずにゲートが開いてしまい、痛恨の出遅れ。2馬身ほど遅れると二の脚も一息。そこで福永Jは少し気合をつけてポジションを押し上げようとしてくれましたが、今度は行きたがる素振り。馬群に入れることで何とか宥めることは出来ましたが、チグハグな追走になっていました。

そして3~4角に掛けては前を行くセントポーリアがじっと我慢していたこともあって、後ろにつけていたピクシーナイトも動けずじまい。直線を向いてから仕掛けることになりましたが、直線ではラチ沿いを抜けてきましたが、苦しくなって内へモタれる素振りも。その後、立て直されると最後の急坂で前を行く2頭に迫っていきましたが、前を行く馬達もしっかり伸びていたので交わせるところまでは行かず。終始、リズムを欠く走りになってしまい3着に敗れてしまいました。まあ、今回に関してはスタートが全てでしょう。

レース後のピクシーナイトはクタッとする素振りは全く見せず、元気一杯。次走に関しては白紙の状態。まずは駐立の悪さを改善しないといけません。状態等を見極め、ゲート内に縛り付けて観念させる方針です。そこで体力を消耗しなければ、その効果を確かめる意味でも年内に3戦目を走ってもらいたいです。番組表を見ると、同厩舎のインディチャンプが出走を予定している阪神Cの日に芝1400mの適鞍が組まれているので、そこを目指して欲しいです。

期待の大きい1頭なので新馬→1勝クラスの連勝を勿論期待していたので、この結果は残念ですし悔しいですが、馬群の中でも問題なかったですし、多々ロスがあった中で1分21秒7の走破時計も悪くないでしょう。馬体がしっかりしてくれば時計勝負にも対応できる馬になってくれると思います。負けはしましたが、福永Jから色々教育されたことをしっかり吸収し、次走以降の競馬で反映していって欲しいです。