焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

互角のスタートから芝でも意外と行き脚が付いて中団を確保。そしてペースが落ち着いたところで3番手まで早めに押し上げたのが大正解。直線は1番人気・ニホンピロストームとの叩き合いとなり、最後は根性を発揮して外からぐいっと捻じ伏せる。鞍上の好騎乗が光る。☆ロードセッション


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

11月23日(月)阪神8R・3歳上1勝クラス・ダ2000mに和田竜Jで出走。10頭立て7番人気で4枠4番からスローペースの道中を5、3、3、2番手と進み、直線では中央を通って0秒1差で優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム2分08秒4、上がり37秒4。馬体重は10キロ増加の504キロでした。

○高橋調教師 「スタート部分の芝でダッシュが付き、少頭数で上手く流れも向いた印象。あの位置で運べたのは大きいと思います。トモの具合が幾らか良化しているのを評価する一方、奥を秘める感じで昇級後すぐに通用するかは疑問・・・と言うのが乗り役の談話。今日も右手前を替えずに走っていたように、まだ途上で大事に行くのがベターですね。厩舎へ戻ってから次のプランを検討する方針」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ペースの落ちた2角ですんなりと3番手へ。2000mへの距離延長、そして落ち着いた頭数でスムーズに運べたことは大きかった。直線はニホンピロストームとびっしり叩き合った末、相手を捻じ伏せてゴールへ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月5日(土)阪神鳥取特別・混合・ダ2000mに和田竜Jで予定しています。

○高橋調教師 「外見的に大きなダメージは無さそう。脚元等に関しても大丈夫です。和田竜Jが続けて手綱を取れるのに加え、レースぶりを見ると舞台も合っている感じ。このまま特に問題が生じなければ、再び阪神のダ2000mへ・・・と考えています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10頭と手頃な頭数、初勝利に導いてくれた和田Jとのコンビ再結成で前走からの前進を期待するも、展開等の恩恵が欠かせないと思っていたロードセッション。阪神・ダ2000mは芝スタートなので、行き脚が一息で後方からの競馬を余儀なくされるものと見ていました。

しかしながら、ゲートを五分に出たセッション&和田Jは軽く手綱を扱いていくと、思いのほか二の脚が付いて、1角を回る時には5番手を確保。そしてペースが遅いと見た和田Jは2角あたりで3番手まで押し上げることに成功。結果的にはこれが大ファインプレーでした。

その後も緩やかなペースでレースは流れ、セッションは3角過ぎからジワッと進出開始。そして4角を回ってくる時に先頭に並び掛けていきましたが、その時の手応えは上々。直線では1番人気のニホンピロストームとの叩き合いとなりましたが、右手前のままでも、勝負根性を発揮し、内から差し返そうとするニホンピロストームの粘りを封じ込めてゴールイン。

これまではズブさを覗かせることが多かったですが、今回は早めにポジションを押し上げ、緩い流れも味方して3番手で勝負へ挑めたのが大きかったです。それには久々に和田Jを配してくれたことで好循環が生まれました。

レース後のセッションですが、脚元は問題ありませんし、見た目にも大丈夫そう。このまま在厩調整を続け、今週末の阪神鳥取特別へ向かう予定です。昇級戦で即通用するとは思わないも、今回と同舞台で引き続き和田Jとのコンビで臨めるのは何よりです。

心肺機能の良さが武器になるセッションですが、まだまだ芯が張ってきていない現状。動き切れない面が結果に響いてしまうかと思いますが、強い相手に揉まれることで力は付けていってくれていると思うので、経験を積みながら、いずれは2勝クラスも突破できる日が来ることを願っています。