焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

馬体重を維持して出走できたのは何より。道中は前に壁を作って抜群の手応えで追走。直線を向いてからゆっくり動き出すと、残り400mからマッチレースへ。内からグイッと抜け出すとゴールまで1馬身ちょっとの差は変わらず。良馬場で本領発揮の初勝利。☆セラフィナイト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト(牡・宮田)父ルーラーシップ 母ブロンシェダーム

月曜東京5R 2歳未勝利(芝1600m)優勝(4番人気) 丸山J 

五分のスタートからリズムを守って、中団で脚を溜めます。抜群の手応えで直線へ向くと、上がり3ハロン33秒7の末脚を繰り出して、人気馬との競り合いを制し、2戦目で初勝利を挙げています。

宮田調教師「前走は馬場が悪かったことで、この馬の力を見せることが出来なかったものの、今日は良馬場で期待通りの走りをすることが出来ました。まずまず良いメンバーが揃っていた中で勝ちきれたので、これからが楽しみな反面、道中は口向きの悪さがありましたね。そして勝負どころでは、シルバースピリットに押し込められる形になったとは言え、内にモタれる仕草を見せていましたし、まだまだ幼いところは残っているようです。レース後の元気(丸山元気騎手)のコメントは、『元々調教の動きは抜群に良い馬ですから、このクラスはすぐに卒業できると思っていました。前走とは行きっぷりも違っていましたし、やはり綺麗な馬場であれば素質通りの走りをしてくれますね。口向きの悪さや体力的にも課題はありそうですが、直線に入ってからの脚は素晴らしかったですし、まだ心身共に若さがありながらも良い内容で勝ってくれました。これからもっと良くなってくると思います』と話していました。今後についてですが、この中間は両前に浮腫みが出やすくなっていた経緯がありますし、心身共に成長を促した方が良いでしょうから、トレセンで馬体を確認した後、一旦牧場へお返しする方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

均整の取れた好馬体が目を引く。ピッチの利いた、切れのある走法で、ラスト400mの加速ラップを差し切り勝ち。良馬場ならこれぐらい走って当然。昇級しても即通用。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

宮田師「先週はおめでとうございました。ようやくシルクさんの馬で勝つことで出来て、ホッとしています。トレセンに戻って馬体を確認しましたところ、左前繋の外側に若干腫れが出ていました。ただ、今朝曳き運動を行った後に冷やしてみると、腫れは分からないくらいまで治まっていますので、今のところ大したことは無さそうです。もう少しこちらで脚元の状態を見させていただき、その後も問題無ければ牧場へ一旦お返しさせていだきます」(11/25近況)

⇒⇒27日に福島県・NF天栄へ放牧に出ています。(27日・最新情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 今回、良馬場でやれそうなのは良かったのですが、牧場での馬体の戻りが悪く、帰厩後はソフトな追い切りに終始。ピリピリしてきたのかなと期待よりも不安な気持ちが強かったセラフィナイトの2戦目。

まずは馬体重はどうかなと見ていましたが、プラス2キロでの出走。パドックでの様子はイラついた感じはなく、まずまず落ち着きはあったかと思います。ただ、返し馬ではスイッチが入った感じで力んだ面が目立ったので、レースでの折り合いがどうなるのか注目していました。

今回、スタートは互角に出て、二の脚もスッと付きましたが、丸山Jは手綱をグッと抑えて中団で追走。前に壁を作ることで行きたがる面は見られず、抜群の手応えで追走。脚はしっかり溜まっていたと思います。そして3角から4角に掛けて、下手に動くことはせずに、直線を向くまで我慢。丸山Jは自信があったんでしょう。

直線を向いたセラフィナイトと丸山Jは少し内へ押し寄られ、馬自身も内へモタれましたが、先に抜け出したアップストリームの進路を上手に生かして馬群から抜けてくると、残り400m地点でアップストリームの内へ入れてマッチレースへ。一瞬、外から捻じ伏せられたかと思ったも、馬体を併せてから勝負根性を発揮。内からグイッと差し返すと、最後まで1馬身ちょっとの差は詰まりませんでした。2戦目での勝ち上がりです。

レース後のセラフィナイトですが、左前脚の繋ぎの外側に若干の腫れが認められるも、日に日に治まってきたようで大事には至らず。ただ、無理して続戦する必要はないので、ここで一度リセットすることに。27日にNF天栄へ放牧に出ています。脚元のケアを十二分に行ってもらい、この機会に馬体をフックラさせて欲しいです。

正直なところ、良馬場だけで巻き返せるとは思っていなかったセラフィナイト。気難しい面を覗かせて大敗してしまうと厄介だなと見ていましたが、直線での力強い伸びにはビックリ。上がり3ハロン33秒7は馬場を考慮すれば優秀ですし、ラスト2ハロンは11.7-11.3というラップ。そこで差し切っているのですから、価値があります。クラスが上がっても、十分やれる力を示したので、来年の飛躍を心待ちにしたいです。