焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走ではこれまでと違うレース運びになるも、直線半ばで一瞬内から抜け出しそうな場面を演出。レース運びに幅が出たのは素直に嬉しい。今回阪神に舞台を移しますが、軽量が味方したとはいえこの舞台でも実績と持ち時計はあり。55キロのハンデを味方に前走から1歩前進を期待したい。☆ヴィッセン


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜阪神10R 西宮S(芝2400m)8枠15番 団野J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日にCWコースで時計

斉藤崇師「18日の追い切りでは先行し、最後の直線でラウダシオンと併せました。最後は瞬発力勝負で見劣る形になってしまいましたが、この馬なりにしぶとく長く良い脚を使っていました。前走後も体が硬くなることもなく、良い状態を保っていますし、むしろ今回の方が体を良く見せています。前走はテンの反応がもう一つで、これまでと違うレースの運びになってしまいましたが、勝負どころでスッと反応して最後まで良い脚を伸ばしてくれました。定量戦でも差のない競馬をしてくれましたが、今回はハンデ戦で55キロの斤量で出走できるのは良いことですね。大成(団野大成騎手)には、馬の雰囲気を見ながらレースを組み立ててほしいと伝えているので、今回もヴィッセンの良いところを引き出してもらいたいと思います」(11/18近況)

助 手 18CW良 84.4- 67.9- 52.9- 39.0- 12.3 稍一杯追う ラウダシオン(古オープン)末強めの外1.6秒先行0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神6日目(11月22日)
10R 西宮S
芝2400メートル 3歳上3勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 スヴァルナ 牡5 56.0 松山弘平
1 2 ゴースト せ4 54.0 鮫島克駿
2 3 セントレオナード 牡4 56.0 C.ルメール
2 4 ヒートオンビート 牡3 54.0 戸崎圭太
3 5 リリーピュアハート 牝3 52.0 福永祐一
3 6 サトノラディウス 牡4 56.0 武豊
4 7 ウォーターパルフェ 牡5 54.0 浜中俊
4 8 シロニイ 牡6 56.0 藤岡康太
5 9 サウンドバーニング 牡8 53.0 北村友一
5 10 アーデントリー 牡4 54.0 津村明秀
6 11 ダンスディライト 牡4 55.0 石橋脩
6 12 ツーエムアロンソ 牡4 55.0 幸英明
7 13 ドゥーカ 牡7 53.0 国分恭介
7 14 レオビヨンド 牡4 54.0 松若風馬
8 15 ヴィッセン 牡9 55.0 団野大成
8 16 オーシャンビュー 牡7 53.0 長岡禎仁 

○斉藤崇師 「前走は後ろからになったが、鞍上がうまく挽回。この距離は安定しており、自分の競馬ができれば阪神でも」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5ヶ月の充電を経て、相性の良い京都・芝2400m(古都S)に出走した前走。早めの仕掛けで粘り込むことを身上にしているヴィッセンでしたが、久々のレースということで行きっぷりが案外。団野Jも無理に押し上げて行くことはしませんでしたが、1角を回る時はほぼ最後方。よもやの展開になって、早くも白旗を挙げたい心境でしたが、道中は下手に動くことを回避。勝負どころでも内々を立ち回って脚を温存することが出来ると4角での手応え・反応はまずまず。いざ追い出してどれくらいの脚を使えるか注目したのですが、先に抜け出してこのレースを勝つことになったシークレットランと遜色ない末脚を披露。直線半ばでは一瞬内から抜け出すような場面もあって力が入りましたが、最後は苦しくなって上位勢と同じ脚色に。パワータイプのお馬さんですが、結果的に馬場の悪い内へ入ってしまったのが勿体なかったかなと思います。

まあ、それでも9歳馬で57キロを背負ってのこの頑張り。一生懸命走る姿には頭が下がります。また、前走ではこれまでの好走パターンとは違うレース内容でしたが、持ち前の持久力と渋太さは存分生かしてくれたと思います。レースぶりに幅が出たことも素直に喜びたいです。

今回、前走から中2週での出走となりますが、追い切りの動きはいつものヴィッセン。併せ馬で遅れていますが、気にする必要はありません。直線平坦の京都の方がベターでしょうが、昨年9月の兵庫特別(2勝クラス)では3番手追走から2着に好走。53キロのハンデが後押ししたのは確かですが、その時の時計は2分25秒0となかなか優秀。ここでもやれる下地はあると思いますし、57キロであの頑張りを見せることが出来るなら、55キロで臨める今回は素直に前進を期待したいです。

団野Jには今回もスタート次第で先行するのか末脚を生かしてみるのかを判断してもらえればと思います。勝ち切るとなるとワンパンチ欲しいのは確かですが、ヴィッセンの良さを存分に引き出して前走以上の着順(賞金)を掴み取って欲しいです。