焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

少頭数の上がり勝負が向いたのは確かも、血統馬とのマッチレースを制してのデビュー勝ち。スケールの大きさは魅力ですし、経験を積みながら素質に磨きを掛けていって欲しい。☆アンダープロット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット(牡・加藤征)父ハーツクライ 母マチカネタマカズラ

土曜東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1800m)優勝(2番人気) M.デムーロ

大外7番枠からゆったりスタートを出ると、折り合い重視で中団からレースを進めます。3角から動いて2番手まで押し上げ、直線では前にいた人気馬とのマッチレースを制して、見事に初陣を勝利で飾っています。

加藤征調教師「おめでとうございました。調教時からかなり動きが良かったですから、楽しみにしていましたし、その期待通りの走りを見せてくれたと思います。一方で、体が緩かったり、道中は他馬の影に驚いてジャンプするところがあるなど、心身共に幼い面は残していますので、その辺りが今後の課題でしょうかね。とにかくこの馬はキレる脚が武器ですので、今日のようなスローペースでの決め手比べは良いと思いますし、東京のような広いコースが合っていそうです。騎乗したミルコ(M.デムーロ騎手)は『少頭数の新馬戦で流れが遅くなりそうでしたから、なるべく内目に入れたいと思っていました。調教時から馬の後ろでしっかり走れていましたし、道中もその形であれば冷静に走ることが出来ていましたね。ただ、影に驚いたりモタれるようなところがありましたので、精神面の幼さは残っているようです。今日は早めから動いていく形ではあったものの、最後まで良い脚を使ってくれましたから、今後が楽しみになる競馬でした』と話していました。厩舎の中でも完成度は一番と言って良いほどの馬ですから、先々はクラシック路線で走らせてあげたいですね。新馬上がり3ハロン33秒6とかなり速い脚を使いましたので、まずはトレセンで脚元中心にしっかりと馬体を確認させていただき、問題無ければ一旦牧場へお返ししたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

きっちり仕上がる。出遅れ、ジワッと中位へ。序盤は前に壁ができずに行きたがる素振りを見せたが、他馬の後ろに入れてからは折り合いがついていた。3角でスッと上がっていき、直線でプレミアエンブレムとの追い比べに競り勝つ。仕上がりの良さを生かしてデビュー勝ち。追って味がある。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

加藤征師「改めて先週はおめでとうございました。レース後はトレセンに戻って馬体を確認しましたが、特に目立ったダメージは無く、精神面も安定していますね。ただ、1つ勝つことが出来ましたし、ここで無理をさせる必要はありませんから、予定通り一旦牧場へお返しさせていただきたいと思います」(11/18近況)

⇒⇒21日に福島県・NF天栄へ放牧に出る予定です。(20日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックに登場してきたアンダープロットの馬体を見て、想像以上に逞しく、見栄えのする好馬体。これまで出資したきた半兄たちとはちょっとスケールが違うなあと思いました。ただ、仕草などは幼さを感じましたし、お腹回りは多少余裕のある造り。7頭立ては好都合だと思いましたが、あとは芝の実戦でどういう脚を使えるのかなという気持ちでした。

スタートは若干煽る感じで出て、頭を上げながらの二の脚だったので、スムーズな追走とは行きませんでしたが、他馬の後ろにつけたことで行きたがる面は緩和。道中はジワーッと進めていましたが、3角から4角にかけての中間点あたりから進出開始。4角で逃げの手に出ていた1番人気のプレミアエンブレムに迫る2番手まで押し上げてプレッシャーを掛ける形。そして直線を向いてからはプレミアエンブレムの仕掛けに合わせて、デムーロJは追い出しを開始し、残り300mからは2頭のマッチレース。馬体を併せにいった時は正直アッサリ交わし切るかなと見ていましたが、相手はさすがメジャーエンブレムの仔。内から抵抗にあって差し返されそうな場面もありましたが、最後はアンダープロットの勝負根性が発揮。持ち前の気持ちの強さで最後はグイッと出てくれました。

7頭立ての瞬発力勝負が確かに向いたと思いますが、負かした相手は評判馬ですし、芝でも確かな切れ味を見せてくれたのは嬉しかったです。心身の幼さを残すので経験を積んでいく必要はあるでしょうが、ゆくゆくはOPでも活躍してくれそう。ようやくこの母から楽しみな素質馬が出たと思います。

レース後のアンダープロットは脚元等に異常なし。テンションもそこまで高くなっていないようです。予定では本日21日にNF天栄へ。2戦目は年が明けてからになりそうです。疝痛を発症して1度ドキッとしたので、まずは順調に調教を積み、2戦目を無事に迎えてくれることを願っています。