焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

近々帰厩の声が届きそうな中、右前脚に腫れを確認。皮膚病の症状も見られ、疲れが溜まってきた様子。一旦軽めのメニューに切り替えて様子を見ていますが、年内の出走は諦めて欲しい。★アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

しがらき担当者「その後も坂路と周回で乗り込んでいたものの、この中間に右前脚に腫れが出て来てしまったため、ウォーキングマシンにペースを落としています。皮膚病が出て来てしまっているので、それが原因だと思いますが、少し痛みも見られますね。12月の競馬も視野に入れていましたが、もう少し脚元の具合を見ながらどうするか判断していきたいと考えています。馬体重は500キロです」(11/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

12月中の出走へ向け、そろそろ帰厩の声が届きそうだったアリーヴォですが、この中間、右前脚に腫れを確認。坂路と周回コースを併用して鍛えられていましたが、一旦ウォーキングマシンのみの運動へペースダウンしています。

皮膚病の症状も見られ、その影響で脚元が腫れたようですが、少し痛みもある様子。ひとまず楽をさせることでどこまで回復が進むのかを見守りたいです。ただ、これから良くなっていく馬。この状況下でレースへ使っても結果はダメなのは見えているので、ここは脚元の治療に専念するのが賢明。年明け以降の出走へ向け、切り替えていってもらいたいです。