焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

福永Jの完璧なエスコートで直線では勝てるかなと思ったも、残り200mぐらいから内へモタれるのが目立ち出す。右鞭を入れて修正しつつ追われるも勝ち馬との差はなかなか詰まらず。悔しい2着も、良馬場なら力を発揮できることを示す。☆ロードラスター


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター(牡・千田)父リオンディーズ 母スターコレクション

11月7日(土)阪神4R・2歳未勝利・芝1800mに福永Jで出走。15頭立て3番人気で8枠14番から平均ペースの道中を8、6、6番手と進み、直線では外を通って0秒1差の2着でした。馬場は良。タイム1分46秒1、上がり34秒9。馬体重は2キロ増加の494キロでした。

○千田調教師 「じっくり構える形。相応のペースでしたからね。上手く直線へ向きながら、最後にモタれる格好。ビッシリ追われて驚いたのか、もしくは苦しかったのか・・・。素材の良さを乗り役は評価しています。一方で全体的な緩さが残るだけに、ワンターンが現状は走り易いかも・・・との談話。今後も同じ条件を選んで行きましょう」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタートは良かったが、外枠とあって無理せずに中位の外から。4角ではフレイミングサンの外へ取りつく。そのあと直線は内へモタれるのを修正しながら、ディヴァインラヴの外でよく伸びて2着へ。良馬場で真価を発揮。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、11月22日(日)阪神・2歳未勝利・混合・芝1800mもしくは12月5日(土)阪神・2歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。

○千田調教師 「見た目には特に変わらぬ様子。脚元等に関しても大丈夫そうです。優位な立場でレース選択が可能。このまま厩舎で調整を続けましょう。番組的に候補は2鞍。ジョッキーの兼ね合いに加え、天気と馬場も見て絞り込めれば・・・と思っています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は当初の予定を直前で見直し、結果的に墓穴を掘ることになったロードラスター。3戦目の今回は母の背中を知る福永Jとのコンビが実現し、息の長い末脚を生かすにはワンターンの阪神・芝1800mは最適な舞台。能力を秘める馬だと思っているので2戦目からの巻き返しを当然期待していましたが、道悪に泣いた前走から雨模様だけが心配でした。ただ、幸いにしてポツリポツリと降るぐらいで馬場の悪化には至らず。開幕週の馬場もラスターに味方してくれるかなと見ていました。

今回、ゲートが開くと1頭だけ抜け出しているぐらいの好発。そのまま逃げの手に出るのかなと見ていましたが、福永Jは出たなりの位置で辛抱し、結果的には中団よりやや前目での追走。気が付くと1番人気のフレイミングサンをマークする形になっていました。そして勝負どころからジワジワ押し上げて行って、4角を回ってくる時はフレイミングサンを外から被せていくことに。良い雰囲気で直線に向いてくれたと思います。

そして直線で追われると手応え通りの伸びを披露。残り300mあたりではまとめて面倒見れるかなと思ったのですが、追われてからフラフラするところがあり、残り200mぐらいから苦しくなったのか内へモタれる素振り。福永Jは右から鞭を入れて修正してくれたのですが、内からスルスルと抜け出したディヴァインラヴを懸命に追い詰めるも、その差はなかなか詰まらず。もう1頭内から伸びていたヴァジュランダの追撃を封じるのが精一杯でした。

正直、直線での攻防から勝ち切って欲しかったですが、勝ち馬はレース巧者で牝馬のクラシック路線に顔を覗かせて行きそうな馬ですし、未完成な現状を踏まえると上々の2着だったかなとも思います。実際、福永Jは『凄くいい馬』とコメントしてくれています。

レース後のラスターですが、クタッとした素振りはなし。再度ワンターンの芝1800mを狙っていく予定で候補も挙がっています。個人的には相手関係よりも福永Jが引き続き乗れることを優先して欲しいですし、距離はマイルでも良いのかなと見ています。

今回はあと1歩の2着でしたが、良馬場ならこれぐらいやれる馬だと再認識できて、ホッとしています。ゆくゆくは母の代表産駒になれるぐらい出世してもらいたいです。