焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

想定外に後方からの競馬になってしまうも、脚を溜める競馬で5着。最後のひと押しが利かなかったが、馬場の悪い内から一瞬抜け出すシーンも。9歳+57キロを背負っての頑張りには頭が下がる思い。☆ヴィッセン


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都10R 古都S(芝2400m)5着(8番人気) 団野J

引き続きブリンカーを着用しています。まずまずのスタートを決めますが、行き脚が付かず後方を追走します。3~4コーナーから押し上げて行き、最後の直線で追われると、一旦は先頭に立つものの、ゴール手前で交わされ、約5ヶ月ぶりとなるレースは5着でゴールしています。

斉藤崇調教師「思いのほか行き脚が付かず、考えていたよりも位置取りが悪くなってしまいましたが、結果的に脚を溜めることが出来た分、最後の直線では見せ場を作ってくれましたね。レース後、団野騎手に聞いたところ、『久々のせいか、扉が開いても自分から進んで出て行こうとせず、その後も行き脚が付かず後方からレースをすることになってしまいました。どこかで外に出して行ければ良かったのですがそれも叶わず、覚悟を決めて追走したところ、それが良かったのか手応え良く直線に向くことが出来ました。直線ではジリジリ伸びて一旦は先頭に立ちましたが、最後は内外の馬場の差で捕まってしまいました』と話していました。仕上がりは良かったと思いますが、久しぶりでレース勘が戻っていなかったのかもしれません。でも、57キロの斤量を背負いながらも器用なレースをしてくれましたし、上位馬とは大きく差をつけられることもなかったので、よく頑張ってくれたと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認してから検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ブリンカー。ゲート裏まで二重メンコ。仕上がる。後方2番手。3角過ぎから内を通り、4角までにシークレットランの直後まで追い上げる。直線はその内を選び、直線半ばで抜け出しかけたが、そこからもうひと伸びが利かなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:11月22日の阪神・西宮S(団野J)

斉藤崇師「久々のレースの後ですので、どれだけ疲労が残るか心配でしたが、脚元含め特に大きなダメージはありませんでした。今週は軽めの運動でコンディションを整えていますが、与えた分の飼い葉はキチンと食べていますし、このまま問題なければ続戦させても大丈夫そうです。もう少し様子を見させていただき、その後も変わりなければ11月22日の阪神・西宮Sに引き続き大成(団野大成騎手)で臨みたいと考えています」(11/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

約5ヶ月ぶりの出走ながら丹念に乗り込まれ、仕上がり自体は良かったヴィッセン。ただ、ポン駆けタイプというよりは叩きつつ上昇タイプ。直線では少し馬場の悪いところを通ることになりましたが、最後にひと伸びを欠いたのは久々の分だったのかなと思います。

また、今回はこれまでの早め先頭からの粘り込みという形を作れず、よもやの後方2番手からの競馬。行き脚が付かなかった時はガクッときましたが、所属の団野Jは良い意味で開き直ってくれて脚を溜める競馬を選択。また、ヴィッセンと団野Jにとって好都合だったのが、人気の1頭シークレットランが目の前にいたこと。坂の下りから変に動かず、シークレットランが通ってきた進路を上手に利用させてもらうことで直線勝負に徹することができました。これは団野Jのファインプレーだったと思います。直線の進路取りに関しては馬場の良い方を選択して欲しかったですが、内が開いているのを見て、突きたくなったんでしょう。残り200mでは一瞬頭ほど抜け出しかけたのですが、そこでくたびれてしまいました。

まあ、それでも見せ場は十分でしたし、レースの幅は広がったかなと思います。9歳馬で57キロを背負ってのこの奮闘ぶり。ただただ頭が下がる思いです。

レース後のヴィッセンですが、相応の疲れがあるぐらいで活気十分。正式なGOサインはまだも、在厩調整を続け、22日の阪神・西宮S(芝2400m・ハンデ)へ駒を進めることに。次走は待望のハンデ戦阪神へのコース替わりはさほど問題なし。ひと叩きされたことで末脚の粘りが出てきてくれれば、今回の5着からの前進は有力に思います。