焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain チアズメッセージの19(牡・藤岡)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

Yearling担当者「術後の経過は良好でしたので、10月に入ってからパドック放牧、10月12日からウォーキングマシンの運動を始めていました。運動ができる様になったので、馴致も再開していましたが、鞍付けなどはオペ前に終わっていましたし、それを忘れることもなくスムーズに進められました。少し筋肉が寂しくなりましたが、運動を進めていけばすぐ戻ってくると思います。10月20日ノーザンファーム早来へ送り出しました。馬体重は481キロです」(11/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain レッドジゼルの19(牡・安田隆)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらへ移動した後は環境の変化に戸惑いを見せることもなく、体調は変わりありませんでした。馴致は特に問題なく進められましたので、現在はロンギ場で運動を開始しています。週5回ロンギ場でキャンターを行っていますが、騎乗者の指示にしっかり応えて動いてくれます。運動後も疲れを見せることはなく、飼い葉を良く食べており、良いコンディションを保っていますし、性格が素直で扱いやすく、現時点でとても優秀な馬ですよ。この調子ならすぐコースへ乗り出して行けるでしょうから、この感じで進めていければと思っています。馬体重は471キロです」(11/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain グリューネワルトの19(牡・池添学)父ルーラーシップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「状態に合わせながら周回コースでじっくり乗り込みながら基礎体力を養っていましたが、その後も問題なく進められていたことから、この中間から坂路にも入れています。現在は週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整といったメニューで進めています。運動量を増やした後も疲れを見せることはなく、体調も変わりありません。まだ精神的に幼く、テンションが上がりやすいところがあるので、普段からもう少し落ち着いて過ごせるようにしていきたいですね。飼い葉はきちんと食べてくれているので、今後も心身ともに成長を促しながら進めていきたいと思います。馬体重は476キロです」(11/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain フェイトカラーの19(牡・大久保)父ジャスタウェイ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間、左前脚に疲れが出て1週間坂路のみの運動に止めておりましたが、すぐに良くなり先週からは周回コースでの乗り運動を再開しました。現在は、週4回坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週2回周回コースでハッキング2700mと負荷を高めた運動を行っています。馬体重は先月とほとんど変わっていませんが、肩や腰回りに筋肉がついてきて幅が出てきたように感じます。これまでも適度にリフレッシュを設けていましたから、精神的に余裕がありペースアップしても気性面に影響は感じません。コースでも厩舎でも良い意味で落ち着いており、集中して走ってくれますからとても乗りやすいですね。背肉については、良いフォームで運動を続けていけば自然とついてくるはずですから焦らず鍛えていくつもりです。今後は左前脚の状態に注意しながら進めていきます。馬体重は490キロです」(11/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バシマーの19(牡・松下)父トーセンラー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間から坂路での運動を取り入れています。現在は、週3回坂路コースでハロン18~19秒のキャンター2本、週3回ロンギ場での乗り運動を行っています。人を乗せることに対して敏感なタイプだったので、時間をかけて馴致を行ってきました。体力はあるのですが、まだまだ心身ともに幼く非力さを感じますね。走り方もぎこちないので、これから調教を重ねていくことで筋力をつけて安定した動きができるように鍛錬していくつもりです。気性面については、まだ臆病なところがありますが、コースに入ってからの動きは徐々に良くなってきています。馬格はしっかりとしているものの、まだ肉付きが悪く華奢な印象なので、これから馬に合った調教メニューを組み立てて鍛えていくことで、全体的な筋肉量の増加につなげていければと考えています。背腰やトモの張りは増してきていて、背中の感触自体は良いものがあるので、今後もじっくりと成長を促しながら進めていきます。馬体重は438キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

チアズメッセージの19は術後の回復は良く、10月12日からウォーキングマシンでの軽めの運動を開始。それと同時にストップしていた馴致も再開しています。手術をしたことで筋肉が落ちているようですが、徐々に取り戻してもらえればと思います。そして、20日にNF早来の育成厩舎へ移動しています。

レッドジゼルの19は優等生タイプ。それでいて見た目通りの力強さがあるので鍛え甲斐のある素材だと思います。そろそろ馬場へ連れ出すようなので、どういう走りを見せてくれるのか楽しみにしたいです。

グリューネワルトの19はやんちゃなタイプ。自由気ままに走られるとダメなので、今の内に矯正をし、鞍上の指示にしっかり従えるように丁寧に教えていってもらえればと思います。また、冬毛が目立つ同期が多い中、グリューネワルトの19は肌艶の良さが目立ちます。中身は意外としっかりしているのでしょう。

フェイトカラーの19はこの中間、左前脚に疲れが出てしまいましたが、すぐに良くなってくれてホッと一安心。ただ、今後も進めて行く中で左前脚には十分注意が必要。入念なケアも続けてもらいたいです。見た目から一癖あるタイプかなと見ていましたが、性格は思いのほか温厚で人間の指示に従順。走ることへの意欲もあります。引き続きコツコツ乗り進めながら、馬体にメリハリが出てきてもらいたいです。

バシマーの19は良いモノを秘めつつも、性格面でちょっと苦労しそうな感じ。気の小ささが色々と悪い感じに波及しつつあります。今の内にその弱点の緩和・解消へ向け、じっくり腰を据えて対応していってもらわないといけません。